ピクシブ百科事典

クレタ国

くれたこく

『鋼の錬金術師』に登場する国家。
目次[非表示]

概要

アメストリスの西に位置する国家。綴りはCreta
約千年前に遊牧民であるクレトゥーアの部族長クレタ1世が数十の部族を纏め上げて建国した。
クレタ1世は各部族の自治を尊重する形で国家を纏めあげ、自らは宗主(スルタン)を称している。
建国経緯から、部族間の争い事が絶える事がなく、クレトゥーアの一族が仲介役を務める形で統治されている。

文化

錬金術が周知の事実として扱われており、こと生態錬成の分野では他国の追従を許さず、錬金術大国であるアメストリスですら足元にも及ばない。
また国家錬金術師と互角にやりあえる狼キメラを多数運用しており、その技術力の高さはお父様一派が運用しているキメラと同レベルと言えよう。

主な動向

原作では西の国境で小競り合いをしている国としか説明されていない。
が、嘆きの丘の聖なる星では、アメストリスとクレタの間で国境紛争があった場所の話のため、具体的に語られる。

主なクレタ人

一応、ミロスはクレタ領内であるため、ミロス人も合わせて記載する。

クレタ人

アトラス
ラウル

ミロス人

ジュリア・クライトン
ミランダ
バタネン
ペドロ

クレタ軍人

ハーシェル中佐
グラーツ

コメント