ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

六芒星の亜種的なものであり、交差を持つ六角形の一種。
アレイスター・クロウリーによって考案されたためこう呼ばれる、とも言われるが、それ以前に「パスカルの定理」の中で既に論ぜられているとの事。
クロウリーが創始した宗教セレマ」のマークとして用いられる。

普通に一筆書きが可能であるため、「一筆書き六芒星」とも呼ばれる。
通常の六芒星も一筆書き自体はできるのだが、「頂点以外では方向転換しない」という制約の下では不可能である。
対してこれはそれが可能である。

一筆書きできるとは言っても、見ての通り頂点毎の様子が異なってるため、もちろん星型正多角形には該当しない。
対辺のみで交差した六角形を星型化して作る事ができるため、星型多角形には含まれるかもしれないが、正多角形以外の多角形の星型化は定義が不明であるため、定かではない。

平面を4つの大小の凧形と、4つの不等辺三角形に分けた形となっている。

関連タグ

アレイスター・クロウリー セレマ /星型 六芒星 一筆書き 魔法陣
六角形 多角形 図形 幾何学 数学
交差多角形
オレイカルコスの結界

関連外部リンク

関連記事

親記事

六角形 ろっかっけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロウリーの六芒星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206

コメント