ピクシブ百科事典

オレイカルコスの結界

おれいかるこすのけっかい

オレイカルコスの結界とは、アニメ『遊戯王DM』及び遊戯王OCGに登場するフィールド魔法カードである。
目次[非表示]

概要

オレイカルコスの結界とは、アニメ『遊戯王DM』のアニメオリジナルストーリーであるドーマ編においてストーリーの中心となるフィールド魔法ドーマのメンバーが所有、使用している。
そのカードテキストはエノク語と呼ばれる言語で書かれており、判読はできないが作中の描写から推測されるデュエル中における効果はOCGでいうと以下のような効果になる。

フィールド魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターは攻撃力が500ポイントアップする。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードはこのカード以外の魔法・罠・効果モンスターの効果を受けない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する時、お互いのプレイヤーは「オレイカルコス」と名の付くフィールド魔法以外のフィールド魔法を発動することができず、自分フィールド上に存在する「ティマイオスの眼」「クリティウスの牙」「ヘルモスの爪」は効果が無効となり破壊される。
自分はモンスターカードを魔法・罠カードゾーンに置くことができる。
自分のモンスターカードゾーンにモンスターカードが存在する時、相手はこのカードのコントローラーの魔法・罠カードゾーンに存在するモンスターを攻撃対象とすることはできない。
自分フィールド上に存在するモンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ、モンスターカードゾーンに置かれている場合は魔法・罠カードゾーンに、魔法・罠カードゾーンに置かれている場合はモンスターカードゾーンに移動することができる。
※加筆、修正お願いします

全体強化に10体までモンスターを展開することができる効果、そして強力な耐性を持つ。
更にはこのカードが発動している時には結界その物ばかりかソリッドビジョンやプレイヤーがデュエルで受けるダメージが実体化していたり、千年アイテムの力を封じることや本来千年アイテム所有者もしくはそれに準ずる力のある者で無ければ使用できない三幻神のカードを使用する事を可能としたり、このカードが発動している状態でデュエルに敗北したプレイヤーは魂を封印され昏睡状態になり、魂を戻されない限り目を覚ます事はないため実質的には死亡したものとかわらない状態になる(引き分けの場合はどちらも封印されない)などデュエル外にまで影響を与えていた。
このようにチートとしか言いようのないかなり強力な効果を持つカードなのだがアニメではその点が逆に負けフラグとなっており、アニメでこのカードを使用したデュエルの経過が一部でも描かれてその上で発動した側が勝利したのは、明らかになっている中で孔雀舞ペガサス・J・クロフォード城之内克也に対して発動した時の2回のみである(ただし城之内は直前にヴァロンとのデュエルでリアルファイトを融合させたスタイルの開祖で、ヴァロンとのデュエルで体がボロボロとなり、戦えない状況まで追い込まれていた)。闇遊戯に至ってはラフェールとのデュエルにおいて魔法カードの効果でこのカードを押し付けられた上で発動を余儀なくされて敗北している。
ただし、前述のデュエルは全て相手が真の決闘者の時の決闘であり、アニメの演出上デュエルの経過が最初から最後までカットされている(あるいはこのカードを発動した事だけが示されている)ケースを含めれば、ラフェールが孔雀舞に対して発動した時やヴァロンが他の囚人たちに勝利した時などのように発動した側が勝利したケースも描かれている。つまり、相手が真の決闘者でない者に使用した場合及びこのカードを使用したデュエルが演出の都合等でカットされた場合は逆に相手にとって致命的な負けフラグとなっており、使用者側が敗北した事例は一つもない。設定上はそちらのケースの方が圧倒的に多いであろう事を考えると、このカードがいかに強力であったかがわかるだろう。
ドーマの総帥であるダーツはこのカードを発動条件とする上位のフィールド魔法オレイカルコス・デウテロス、オレイカルコス・トリトスによる三重結界を使用している。
上記の通りクリティウス・ティマイオス・ヘルモスの3体のドラゴンとは相反する力を持っており、竜騎士ブラック・マジシャン・ガールが自分フィールド上に存在する状態で闇遊戯がこのカードを発動した際にはティマイオスが消滅してブラック・マジシャン・ガールに戻ってしまったが、レジェンド・オブ・ハートの効果で3体のドラゴンが伝説の騎士となった時には逆に三重結界の耐性を無視してその効果を無効にしている。
発動した者が持つ心の闇を原動力としており、ラフェールが持つ心の闇が消えた際には闇遊戯とのデュエルに敗北して魂を封印されかけていたにもかかわらず一時的に結界が消滅した。

アニメ『遊戯王DM』では後にこのカードと同様の耐性を持つフィールド魔法としてシュトロームベルクの金の城が登場している。

プロモーションカード

海外のOCGでは、2005年にこのカードが公式戦では使用できないプロモーションカードとして配布されている。そのカードテキストを日本語に直すと以下のようになる。

フィールド魔法
このカードはいかなる場合にも無効にならず、破壊および除外することもできない。
自分フィールド上に存在するモンスターは攻撃力が500ポイントアップする。
自分フィールド上に前衛モンスターが存在する限り、後衛モンスターを攻撃することはできない。
このカードを手札から墓地に送る事で、あらゆるカードを無効にし破壊する。
このデュエルに敗北したデュエリストは勝者に魂を奪われる。
遊戯王カードWikiより引用。)

そしてOCGへ

その後、公式のデュエルで使用できるカードとしてこのカードはOCG化されている。そのカードテキストは以下のようになる。

フィールド魔法
このカードの発動時に、自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できず、
自分フィールド上のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
1ターンに1度、このカードはカードの効果では破壊されない。
自分フィールド上にモンスターが表側攻撃表示で2体以上存在する場合、
相手は攻撃力の一番低いモンスターを攻撃対象に選択できない。
「オレイカルコスの結界」はデュエル中に1枚しか発動できない。

発動時に自分フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊し、更にはエクストラデッキからカードを出せなくなるという大きな制約が付けられた。これは自分の他のカードと融合する効果を持つ3体の竜と併用できない制約を再現したものと思われる。
(ちなみにアニメではこのカードを発動した状態で融合モンスターを場に出したのはダイナソー竜崎のみであり、エクシーズモンスターシンクロモンスターペンデュラムモンスターに至っては当時まだ存在すらしていなかった)
強力な全体攻撃能力や相手の攻撃対象を制限する能力を持っているが、今や多くのデッキにおいて戦術の中心となっているエクシーズモンスターやシンクロモンスターが出せなくなったりペンデュラムモンスターの再利用が難しくなるというのは非常に痛い。このカードを使用する場合にはそれらのモンスターを出さなくても戦えるデッキやメインデッキに投入される特殊召喚モンスターを使用するデッキに投入することになるだろう。
また、耐性に関しても破壊に対してのみである上に1ターンに1度だけであり、1度除去されると例え2枚目以降が手札にあったとしても再び発動することができないというこれまた非常に痛い制約が付いている。

関連項目

遊戯王DM ドーマ
遊戯王OCG 魔法カード
負けフラグ チート

pixivに投稿された作品 pixivで「オレイカルコスの結界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7801

コメント