ピクシブ百科事典

グラー博士

ぐらーはかせ

グラー博士とは、『ゲッターロボG』の悪役である(画像奥の老人)

CV:矢田耕司

概要

百鬼帝国の頭脳を司る大幹部であり、ヒドラー元帥と共にブライ大帝を補佐する。
優秀な科学者であり、百鬼ロボットを初めとする帝国の兵器を研究・開発している。
また、百鬼百人衆の中にも地虫鬼や鉄甲鬼と言った優秀な弟子がいた。

最期は合体百鬼ロボット共々爆死するが、死の前に重力制御装置を完成させていた。

石川賢の漫画版では、百鬼帝国の元となった異星人の宇宙船探索メンバーに姿が見受けられる。
初登場は病院の院長として登場したが、それは百鬼兵製造のための改造工場でもあった。
ゲッターロボサーガ組み込みの際描き下ろしで、百鬼帝国自爆装置にして最後の百鬼獣、百鬼羅王鬼に搭乗しゲッタードラゴンの道づれをたくらむが(サーガ版の百鬼帝国の目的は元となった異星人が未来でゲッターエンペラーに滅亡させられたことから「ゲッターロボを倒す事」である。)、最後で逆転され百鬼羅王鬼は撃破され爆死する。

コメント