ピクシブ百科事典

グレイズリッター

ぐれいずりったー

グレイズリッターとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

カルタ・イシュー率いる地球外縁軌道統制統合艦隊での運用を想定して開発された、グレイズの姉妹機。
リッター(RITTER)とは独語で「騎士」の意。

地球外縁軌道統制統合艦隊のホームグラウンドである衛星軌道上での戦闘を想定し、地球の重力の影響を考慮して通常のグレイズよりも機動力に重点を置いた改良が施されている。
また、装甲の増設された肩部アーマーは高い強度を誇るが、各部が自由に可動するよう設計されている為、腕部の可動範囲を妨げない。

設計思想にはギャラルホルンの理念が反映され、鶏冠飾りを思わせる頭部アンテナや形状変更が行われた装甲の存在も相まって騎士を思わせるシルエットを持つが、これは記念式典への参列も任務とする為に設定された外見でもある。
艦隊指令であるカルタの搭乗機はギャラルホルンの理念をより強く表す為に頭部アンテナの変更、肩部側面装甲の延長と内臓スラスターの大型化、胸部への装甲増設といった改修が施されており、カラーリングに関しても各部に赤色のラインを配して一般機と視覚的な差別化を図っている。
地上で運用する際には大腿部にグレイズ地上戦仕様と同型のブースターを増設する他、細部も重力下運用に適した調整が施される。また、地球外縁軌道統制統合艦隊隊は独自の地球降下権限を持ち、降下用グライダーを使用する事で軌道上から直接敵拠点を強襲する事も可能。

しかし、地球外縁軌道統制統合艦隊は月軌道の治安維持を目的とするアリアンロッド艦隊の活躍もあって実戦経験に乏しく、それに比例して本機が実戦で運用される機会も少なかった。事実、鉄華団との交戦が行われるまでその能力は訓練や式典参加時の編隊飛行に費やされていたのが実情である。
カルタの死後、地球外縁軌道統制統合艦隊の司令に就任したマクギリス・ファリドによって機体特性の全面的な見直しが行われており、特に地上運用時のデータを再計測し、重力下で機動力を最大限に活かせるよう調整が行われた。
このほか、地球本部「ヴィーンゴールヴ」の防衛戦力として本機が採用されている。

機体データ

型式番号EB-06r(一般機)/EB-06rs(指揮官機)
全高18.7m
本体重量32.1t(指揮官機)
動力源エイハブ・リアクター
使用フレームグレイズ・フレーム
武装
  • ナイトブレード
  • バトルアックス
  • ライフル
主なパイロットカルタ・イシュー マクギリス・ファリド


武装

ナイトブレード

グレイズリッター専用の大剣。型式番号GR-Hr01。
式典への参列も考慮し鍔や柄尻に装飾が施されているが、実戦での運用にも耐えるだけの実用性を備える。
マクギリス機はこれを二振り装備し、運用する。

ライフル

型式番号GR-W01。グレイズと共通装備となる120ミリ口径ライフル。
基本的な仕様はノーマルのグレイズと変わらないが、カルタ隊ではナイトブレードで近接戦闘を演じる機会が多かった為、使用機会は少なかった。

バトルアックス

ノーマルのグレイズが運用するバトルアックス。型式番号GR-H01。
ナイトブレードが専用装備として採用されている事から、こちらも使用機会には恵まれなかった。

MS滑空用グライダー

グレイズリッター用のオプション装備。
グライダーと銘打っているが、その実態は大気圏突入を行う為の大型シールドであり、グレイズリッターはサーフボードのようにこれに乗って地球へ降下する。グライダーにはスラスターも搭載されているが、大気圏突入の際にはこれが遮蔽される。
耐熱性は勿論、防御力に関しても敵モビルスーツの砲撃を弾くだけのそれを備える。

立体物は

HGIBOシリーズに「グレイズリッター(カルタ機)」としてラインナップされている。
一般機を製作したい場合は少々手間ではあるが、肩アーマーを加工するか素直にガンダムバルバトス(第6形態)を購入するのがよいであろう。

「グレイズリッター(マクギリス機)」はプレミアムバンダイにて販売された。※現在は受注終了 

購入を逃した場合は少々手間ではあるが、一般販売されているグレイズリッターを2つ購入しカラーを変更することで再現が可能(基本的にカルタ機の成形色変更モデルのためナイトブレードが一振りしか付属しないことも理由である)。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン 地球外縁軌道統制統合艦隊
グレイズ
カルタ・イシュー マクギリス・ファリド
ガンダム・バルバトス

pixivに投稿された作品 pixivで「グレイズリッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22890

コメント