ピクシブ百科事典

概要

別名は<先触れなるもの>、<造物主>。
クトゥルフ神話に登場する外なる神の1柱。グロスとも。

ネメシス的なで今からおよそ800年前に赤く輝く彗星として現れてシャッガイを滅ぼした張本人で、さびた鉄を思わせる球体の姿をしており、その中心に巨大で真っ赤な目があるが、普段は常に閉じられているとされる。

その体は普通の星のようにガスと灰と鉄で構成されており、表面はひび割れた惑星のようにしか見えないという。

グロースは美しい歌を口ずさみながら永遠に宇宙を漂い、近くを通り惑星で眠りについている旧支配者外なる神を目覚めさせる切っ掛けを創る役割を実行し続けているとされ、このの存在そのものがその星の終わりを告げる先触れとなる、滅びと破滅の象徴のような存在である。

なお、この神を崇拝する者もいるにはいるが、星に興味を抱いている者ぐらいしか存在しない。

関連タグ

シャッガイからの昆虫怪物 クトゥルフ神話

関連記事

親記事

外なる神 そとなるかみ

兄弟記事

コメント