2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

惑星シャッガイを母星とする昆虫型知的生命体で、書籍によって「シャッガイの昆虫」もしくは「シャン」とも呼称・表記される。
超特級危険物である「アザトースの種子」を安全な道具に加工できる唯一無二の技術を持つ等、遥かに発達した科学力を有しているが、大変残念な事実として、異常な嗜好を満たす以外頭に無い凶悪な種族で、様々な拷問機具を製造しては同族以外の生物を虐げている。

星ぐるみでアザトース信仰に傾倒しており、それを過激に追求していった結果、故郷を滅ぼしてしまい(本物のアザトースが顕現してしまったとされるが、現在では”先触れなるもの”グロースによって破壊されたとも伝わっている)、宇宙を流浪する身となった。
その過程で惑星ザイクロトルに立ち寄ったシャッガイからの昆虫怪物は、原住生物のザイクロトルの怪物奴隷として多数捕獲するも、ザイクロトルの死の植物等の上位の原住生物を恐れて退去した。
その後、一部のシャッガイからの昆虫怪物は地球に来訪するも、宇宙船の不具合や地球の大気等の問題も合わさり、地球から出られずにそのまま滞在せざるを得なくなった。

外観

程度の大きさで、半円の翅と5対の脚を持つ。
頭部には3つの口があり、顔全体が巻き髭らしきものに覆われている。

生態

幼虫から成虫へ変態するのに数世紀を要する程の長命種。
光合成で栄養摂取しており、食事の手間がない為、その余りある時間のほとんどを嗜虐嗜好を満たす遊びに費やしている。
脳は三層構造になっており、3通りの思考を並行して行い、3つの口で別々に発言が可能。これにより、最多で3つの魔法の同時発動も可能。

また、本当の意味で物質的な存在ではなく、人間等の生物を発見すると飛び掛かり、ターゲットの脳へ侵入し寄生する(恐らくこの御仁達のように実体と非実体の切り替えが可能で、相手の精神を乗っ取り易くする為に、非実体状態で精神を司る脳を狙っているものと思われる)。
人間に寄生した場合、正気を失う程の強烈な幻覚を絶えず見せ続けて精神をすり減らし、宿主の精神が極限まで弱った頃合いを見計らい、精神と肉体の主導権を奪う。
しかし、完全に発狂してしまうのはシャンにとっても都合が悪いらしく、宿主が完全に壊れてしまうと、その宿主を離れて新たな寄生先を探し始める。

弱点

肉体はかなり脆弱(クトゥルフTRPGでは「耐久力=HP:2」「装甲=防御力:なし」)で、蚊を叩く程度の攻撃で簡単に死ぬ。おまけに地球の大気は肌に合わないらしく、翅はあるものの不格好にしか飛べない
恐らく実体の維持が困難で、それを補うべく他の生物に寄生するものと思われる。ただ、それを差し引いても所詮はちょっと図体がデカいだけの虫けらであり、母星であろうとも紙装甲なのは恐らく変わらない。

余談

3つの口を持つとされるが、どんな形で、どのように配置されているかは一切不明。その為イラストに起こす場合、どんなシルエットになるかは絵師の感性に委ねられている。

関連タグ

クトゥルフ神話
ザイクロトルの怪物 寄生虫 妖虫 アザトース

天才とキチガイは紙一重:知能が優れていても、使い方を完全に間違っている事の例えで、こいつらは正にその体現者。

ガロ星人グラキエスクール星人セレブロチブル星人:高い知能を持つが、肉体が地球人に負ける程に貧弱な宇宙人達。特にガロ星人とセレブロは容姿や能力が酷似している。

ウルトラ戦士「基本善人しかいない」「戦えない者達に代わり、宇宙の平和を取り戻すべく戦っている」と気風もスタンスも真逆の種族だが、「光をエネルギーに活動する」「他の生物と一体化できる」等の生態的な共通点がある。

関連記事

親記事

クトゥルフ神話 くとぅるふしんわ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75247

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました