ピクシブ百科事典

シャッガイからの昆虫怪物

しゃん

シャッガイからの昆虫怪物とは、クトゥルフ神話に登場する、高度な知性と残忍な嗜虐性質を持つクリーチャーである。
目次[非表示]

概要

 元々はシャッガイを母星にする知的生命体で、「シャン」と呼称される事もある。
 異常極まりない退廃的な嗜好(=サディズム)を満たす事に終止し、様々な拷問機具を製造し、自分達以外の生物を虐げていた。
 暫くしてアザトース信仰に傾倒、過激なままに追求していった結果、故郷を滅ぼしてしまい(アザトースが顕現したらしい)、現在は宇宙を流浪する身になった。

外観

 程の大きさをし、半円の翅と5対の脚を持つ。
 頭部から3つの口があり、顔全体が巻き髭らしきものに覆われている。

生態

 幼虫から成虫へ変態するのに、数世紀掛かる程の長寿。
 光合成により栄養摂取しており、エサを獲る為の手間がない為に、前述の嗜好を満たす事に時間を費やしている。
 脳は三層構造になっており、3つの思考を行え、前述の口で3つの発言が出来る(これにより最多で3つの魔法を、同時に発動する事も可能)。
 又、本当の意味で物質的な存在ではなく、人間等の生物を発見すると飛び掛かり、ターゲットの脳へ侵入し寄生する。

弱点

 肉体は物理的にとても脆弱である(クトゥルフTRPGでは「耐久力=HP:2」「装甲=防御力:なし」)。
 又、地球の大気とは相性が悪いらしく、翅があっても不格好にしか飛べない
 

余談

 「3つの口」を持つが、どのような形状で、どのように配置されているかが不明な為、関連書籍等でイラストにされると、イラストレーターの感性がかなり光る場合があり、何気に興味深い外見特徴を備える。


関連タグ

クトゥルフ神話
アザトース
ザイクロトルの怪物
寄生虫
馬鹿と天才は紙一重 優れた知能が有っても、それの使い方を完全に誤っている
ガロ星人グラキエスクール星人チブル星人 凄まじい知能を持つも、肉体が脆弱過ぎるエイリアン繋がり。特にガロ星人は容姿や能力が酷似している。

関連記事

親記事

クトゥルフ神話 くとぅるふしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャッガイからの昆虫怪物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント