ピクシブ百科事典

ケリー・オブライエン

けりーおぶらいえん

AVP2 エイリアンズVS.プレデターのヒロイン

概要

AVP2のヒロインであり、女性兵士。
コロラド州ガニソンに住んでおり、家族には夫のティムと娘のモリーがいる。
休暇で実家に帰宅し、娘のモリーに軍事用の暗視スコープをお土産に渡す。
だが、翌日の夜ゼノモーフが家を襲撃し、娘のモリーを連れて逃げるものの、夫のティムがゼノモーフに殺されてしまう。

銃器店で生存者と合流し、そこで人をおとりにしてゼノモーフを倒そうとするプレデターの罠に気づく。生存者たちを先導し銃器店から脱出。
その後全滅した州兵が使っていた装甲車を運転。政府がガニソンにある広場で軍の救援を待つようアナウンスするのを聞き、民間人をおとりにしてゼノモーフを倒そうとする軍隊の罠に気づく。
ここでも生存者たちを説得し、ヘリがある病院を目指す。

病院ではヘリを運転できるのは、軍の兵士である彼女しかいなかったので皆に守られ行動する。
だが、病院内で一人一人とゼノモーフやプレデターの襲撃に遭い、傷つき、命を落としていく。
ついに病院の屋上にてゼノモーフと交戦するが、自身を取り囲んだゼノモーフをたった一人で殲滅
負傷者や子どもがいる中、一人も犠牲者を出すことなくパーティーを守り抜くなどの獅子奮迅の戦いぶりを見せ、ヘリコプターを襲撃してきたゼノモーフも倒し、無事ゼノモーフの巣と化したガニソンからの脱出に成功する。
その後軍が落とした核爆発から助かり、軍の部隊に包囲されるもののケリーは武装解除し生存者の一人がプレデターのプラズマキャノンを渡し、保護された。

なぜ罠だとわかったのか?


ケリーはプレデターの罠に対してすぐに察知でき、軍の救援アナウンスについては「軍の目的は被害拡大防止」と皆に伝えた。

なぜわかったのかというと、彼女も軍隊の一員であり被害拡大防止を目的に戦っているからである。まずこの作品でいう被害拡大防止とは襲われている人を見捨てるという意味である。

オブライエン家の時では、ゼノモーフが襲ってきたときにまず夫のティムが襲われるがケリーはとっさにモリーをつかみ、ティムがゼノモーフをおそっているのを確認。その直後モリーを連れて一目散に逃げだした。
病院の屋上の時では、生存者の一人が囮になっているにも関わらず、ヘリを飛ばそうとする。
囮となって戦う男の弟が止めようとすると「待てない」と返した。

つまり自身も同じことをやっているから、体でわかることができるから皆に忠告したのである。

余談だが娘のモリーに暗視スコープをプレゼントに渡したのは、軍隊生活に心が完全にそまった証ととらえることができる。

その後、軍の特殊部隊に囲まれケリーたちは銃を向ける。プラズマキャノンをもった男が「町を吹っ飛ばしたな」というと「上からの命令だ」と語った。その言葉を聞いたケリーはすぐに銃を下すが、
気持ちがわかるものがあったのかもしれない。

エンディングでケリーは疲れた表情でモリーと抱擁するが、その後涙をながしていた。
こんな自分に後悔していたかもしれない。

リン・クロサワ アーケード版のヒロインと同じ軍人

pixivに投稿された作品 pixivで「ケリー・オブライエン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28

コメント