ピクシブ百科事典

コマール級コルベット

こまーるきゅうこるべっと

ソ連/ロシア海軍のコルベットで、その規模からミサイル艇とも推測される。

概要

コマール級コルベットは、ソ連海軍ロシア海軍)がかつて所有していた。コルベットの艦級で、計画名は『183R型小型ミサイル艇』と呼ばれた。前級の183型魚雷艇をミサイル装備に変更された形で登場し、これは世界初のミサイル艇の誕生でもあった。

1952年~1960年の8年間で112隻建造し、当時のソ連の造船時術の高度さが垣間見えることとなった。だが、本級の小ささがあだとなり、70隻以上が同盟国へ売却された。

関連タグ

ロシア海軍 コルベット(軍艦) ソ連海軍

コメント