ピクシブ百科事典

コルル

こるる

コルルとは、『金色のガッシュベル!!』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:桑島法子

人間換算年齢:6歳
好きな食べ物:魚、ホットケーキ、牛乳
趣味:ティーナ(人形)遊び、しおりと遊ぶこと

概要

カールさせたピンク髪をした魔物の少女。戦いを望まない心優しい性格だが、彼女の術「ゼルク」は、発動すると別人格に切り替わり、普段とは正反対の凶暴な性格となる。
ガッシュとはティオウマゴン同様魔界学校の同級生であったが(人間界で初めてガッシュと会った時に彼の名前を言おうとした)、彼が記憶をなくしていることを察し、知らぬふりをして平和に過ごそうとしていた。
ガッシュと対峙した後に正気を取り戻したコルルは、これ以上周囲に迷惑をかけてしまうことを防ぐため、自ら本を燃やしてくれるよう頼み、魔界へと帰っていった。
この一件がガッシュが「やさしい王様」を目指すきっかけとなり、それ以降は回想シーンで度々登場している。
パートナーであるしおりが初めて「ゼルク」を唱える際に本を読むのを止めようとしており、本の力を知っていた事が伺える。

後にクリア完全体との最終決戦において、ガッシュの金色の本の力で再登場。ガッシュ曰く「やさしい術」でガッシュたちを守れることを喜ぶ姿を見せた。

ゼルク

凶暴な別の人格が現れ、同時に凶暴な姿に肉体強化される術。
術が解けてもしばらく自身の意識は失った状態であり、術が発動している最中の記憶はなくなっている。
ちなみに肉体強化と同時に服も破けるので、コルルは戦闘時は常時下着姿である。
サンデー掲載時ではバルクという名称だった。

ゼルセン

腕をロケットパンチのように飛ばす術。
サンデー掲載時ではバルセンという名称だった。

シン・ライフォジオ

自分を含む任意の対象を柔らかい光で包み込む。その光の中にいれば、水の中であろうと宇宙空間であろうと「生命」を守ってくれる。魔界で魂だけの存在になっていた時、ガッシュの「自分たちを助けたい」という思いを感じ、ダニー達と共にガッシュの金色の本に憑依した時に現れた術。

ゼルルド

カードゲームオリジナル呪文。体に力を込め、攻撃を回避する術。

ラージア・ゼルセン

ゲームオリジナル呪文。ゼルセンよりも腕を巨大にし、相手めがけて飛ばす術。

ジオ・ラ・ゼルド

ゲームオリジナル呪文。自分の周囲から巨大な爪が生え、近くの敵を一掃する術。

ゼラルセン

カードゲームオリジナル呪文。爪を四方八方に飛ばして相手を攻撃する術。

本の持ち主

しおり
CV:今井由香
ヘアピンをつけた黒髪ロングヘアの女子高生。
両親は仕事漬けで、家では寂しい日々を過ごしていたが、雨の中の学校帰りで一人泣いていたコルルと出会い、短い時間でも充実した生活を送り、もし身寄りがいなければ、そのままコルルを妹として引き取ろうとしていた。コルルが大事にしている人形のティーナはしおりが一週間もかけて作ったお手製である。

しかし、コルルが持っていたピンク色の本を手にし、「ゼルク」を唱えてしまったことで凶暴化したコルルの姿を目の当たりにしてしまう。
本をこのまま読まなければいいと考えていた矢先、公園でボール遊びをしている際にトラックに轢かれそうになったコルルを助けようとしてやむなく呪文を唱え、異変を察知したガッシュと対峙することになる。
コルルを傷つけまいと泣きながら戦っていたが、ガッシュがコルルの友達であると気づき、とどめをさそうとするコルルを体を張って受け止めた。しかし本の運命に逆らえず、結局コルルと別れることになってしまった。

余談

「戦う意思の弱い子には別の人格が与えられると聞いたことがある」とコルルは語っていたが、
本来魔物の術は「本の力」で発動するものではなく、魔物自身の成長や変化によって呪文が出ることがナゾナゾ博士や魔物の子達の回想により説明されている。

また、魔物の本の詳細を知っていたのはゼオン等の限られた者だけであり、コルルが単独で正確な情報を得られたとも考えにくい。
更に言うと、モモンなどの明らかに戦う意思の弱い子であっても、別人格を与えられることはなく、作中ではコルルと同じ扱いを受けた魔物は一切登場していない。

作者の設定ではコルルの能力は、戦闘向けに心身を変化させる魔法であり(似た魔法にはデモルトのギルガドム・バルスルク等がある)
そうした魔法の存在が魔界で心を植え付けるという風評につながったと考えられる

関連タグ

金色のガッシュ!! 金色のガッシュベル!!
ピンクヒロイン 悲劇のヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「コルル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62947

コメント