ピクシブ百科事典

コルル

こるる

コルルとは、『金色のガッシュベル!!』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:桑島法子

人間換算年齢:6歳
好きな食べ物:魚、ホットケーキ、牛乳
趣味:ティーナ(人形)遊び、しおりと遊ぶこと

概要

魔物の少女。戦いを望まない姿を見せていた。
彼女の術「ゼルク」は、発動すると別人格に切り替わり、普段とは正反対の凶暴な性格となる。
ガッシュとはティオウマゴン同様魔界学校の同級生であったが(人間界で初めてガッシュと会った時に彼の名前を言おうとした)、彼の記憶がないことを察し、知らぬふりをして平和に過ごそうとしていた。
しかし、公園でボール遊びをしている際、道路に転がっていくボールとともにトラックの目の前に飛び出してしまう。しおりはコルルを救うため、やむなく呪文を唱え、異変を察知したガッシュと対峙することになる。
コルルを傷つけまいと泣きながら戦うしおりだが、ガッシュがコルルの友達であると気づき、とどめをさそうとするコルルを体を張って受け止めた。
正気を取り戻したコルルは、これ以上周囲に迷惑をかけてしまうことを防ぐため、自ら本を燃やしてくれるよう頼み、魔界へと帰っていった。

ガッシュが「やさしい王様」を目指すきっかけとなり、それ以降は回想シーンで度々登場している。
パートナーであるしおりが初めて「ゼルク」を唱える際に本を読むのを止めようとしており、本の力を知っていた事が伺える。

「戦う意思の弱い子には別の人格が与えられると聞いたことがある」と語っているが、魔物の術は「本の力」で発動するものではなく、本来は後述の「やさしい術」であるライフォジオ系統の方も含め「魔物自身の力」(ティオやゼオンの回想から、魔界では魔物だけで魔法が使えたことも解る)である事や魔物自身の成長や変化によって呪文が出ることがなぞなぞ博士や魔物の子達により説明されており矛盾している。また魔物の本の詳細を知っていたのは魔物の中でもゼオン等の限られた者だけであり、コルルが単独で正確な情報を得られたとも考えにくい。
つまり理性や良心や建前では戦いたくないと思っているが、本能や本心では他者を傷つけたり争いを望んでいるという心が二重人格の術・平和と争いの対極二系統の術(ブラゴやクリアも複数系統の術を使えるが性質は似寄っている)として表れたと考えられる。(前者がライフォジオ系統、後者がゼルク系統)
後にクリア完全体との最終決戦において、ガッシュの金色の本の力で再登場。ガッシュ曰く「やさしい術」でガッシュたちを守れることを喜ぶ姿を見せた。

ゼルク

凶暴な別の人格が現れ、同時に凶暴な姿に肉体強化される術。
術が解けてもしばらく自身の意識は失った状態であり、術が発動している最中の記憶はなくなっている。
サンデー掲載時ではバルクという名称だった。

ゼルセン

腕をロケットパンチのように飛ばす術。
サンデー掲載時ではバルセンという名称だった。

シン・ライフォジオ

自分を含む任意の対象を柔らかい光で包み込む。その光の中にいれば、水の中であろうと宇宙空間であろうと「生命」を守ってくれる。魔界で魂だけの存在になっていた時、ガッシュの「自分たちを助けたい」という思いを感じ、ダニー達と共にガッシュの金色の本に憑依した時に現れた術。凶暴な本能を良心で包み隠そうとしていたコルルの心を象徴するかのような術だと言える。

ゼルルド

カードゲームオリジナル呪文。体に力を込め、攻撃を回避する術。

ラージア・ゼルセン

ゲームオリジナル呪文。ゼルセンよりも腕を巨大にし、相手めがけて飛ばす術。

ジオ・ラ・ゼルド

ゲームオリジナル呪文。自分の周囲から巨大な爪が生え、近くの敵を一掃する術。

ゼラルセン

カードゲームオリジナル呪文。爪を四方八方に飛ばして相手を攻撃する術。

関連タグ

金色のガッシュベル!!

pixivに投稿された作品 pixivで「コルル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59367

コメント