ピクシブ百科事典

概要

1890年代にノースカロライナ州西部の農村において家畜やペットが、何者かによって死亡させられるという事件が続出した。
同州アイアデル郡のステイツビルの牧場では、飼育されていた仔牛が全身8カ所を何かで打撲され、前足の骨が折れて死んでいたという。

調査の結果、この被害を与えた赤ん坊のような甲高い奇妙な鳴き声の獣が森林に棲んでいることが確認され「サンタークリーチャー」と名づけられたが、とても素早いために退治することはおろか捕獲することもできなかった。

時代が進み1949年1月31日にこのUMAが新聞に掲載されたため、一般に知られるようになったが、それによると全身が蛍光色の毛に包まれ、頭が大きいがその割に眼が小さく襞がある顔で、さらに尾はサソリの尾を思わせる7~8個のコブがつながったような形をしている。

全体の印象は幻獣マンティコアに酷似するが、その尾をムチのように振るうことで家畜を殺し、死なないまでも足の骨を折るなどして傷つけたといわれている。

関連タグ

UMA 人面獣 マンティコア 
牛打ち坊

関連記事

親記事

UMA ゆーま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サンタークリーチャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました