ピクシブ百科事典

シスター・パウラ

しすたーぱうら

『トリニティ・ブラッド』に登場する架空のキャラクター。

概要

『トリニティ・ブラッド』の登場人物。
CV:甲斐田裕子ドラマCD田中敦子

異端審問局副局長。ヤゲロー大公国クラクフ(現ポーランド)出身で、本名パウラ・ソコウォースキー。カテリーナとは同年齢。
風貌は図書館司書のような物静かさでありながら扇情的な肉体を持つ。実務能力に乏しいペテロに代わり異端審問局を実質的に指揮するうえ、上司フランチェスコの信頼も厚く、彼の秘書も兼務する。また、格闘技や暗器の扱いに長けた暗殺者でもある。

台詞

「かくて主、我らに命じて曰く、我が民よ、いざ行き征きて異教の民を討ち滅ぼせ……」
男を殺せ。女を殺せ。子供を殺せ。乳飲み子を殺せ。牛も羊も駱駝も驢馬も、殺せ、殺せ、殺せ――エィメン」
(吉田直『トリニティ・ブラッド Rage Against The Moons Ⅲ ノウ・フェイス』角川スニーカー文庫、197ページ)
シスター・パウラがここで喋ってるのはラテン語訳聖書のサムエル記上第十五章第3節。
nunc igitur vade et percute Amalech et demolire universa eius non parcas ei sed interfice a viro usque ad mulierem et parvulum atque lactantem bovem et ovem camelum et asinum
ルビが「ヌンク・イギトゥル・ワーデ・エト・ペルクーテ・アマレク・エト・デモリーレ・ウニウェルサ・エ」「ノン・パスカル・エイ・セド・インテルフィーケ・ア・ウイロ・ウスケ・アド・ムリエレム・エド・パルウルム・アケト・ラクタンテム・ポウエム・エト・オウェム・カメルム・エト・アシヌム」になっているが、無理やりカタカナにすると「ヌンク・イギトゥル・ウァーデ・エト・ペルクテ・アマレク・エト・デモリーレ・ウニウェルサ・エイウス・ノン・パルカス・エイ・セド・インテルフィケ・ア・ウィロ・ウスクェ・アド・ムリエレム・エト・パルウルム・アトクェ・ラクタンテム・ボウェム・エト・オウェム・カメルム・エト・アシヌム」じゃないかと思われる。
元の聖書の内容はこんな感じ。

1:さて、サムエルはサウルに言った、「主は、わたしをつかわし、あなたに油をそそいで、その民イスラエルの王とされました。それゆえ、今、主の言葉を聞きなさい。
2:万軍の主は、こう仰せられる、『わたしは、アマレクがイスラエルにした事、すなわちイスラエルがエジプトから上ってきた時、その途中で敵対したことについて彼らを罰するであろう。
3:今、行ってアマレクを撃ち、そのすべての持ち物を滅ぼしつくせ。彼らをゆるすな。男も女も、幼な子も乳飲み子も、牛も羊も、らくだも、ろばも皆、殺せ』」。
(サムエル記上第十五章第1節から第3節。日本聖書協会による口語訳)

ポーランドは東ヨーロッパ地域ではチェコスロヴァキアハンガリーと並びカトリックの国。ローマ法王ヨハネ・パウロ2世も輩出している。なおポーランド語の女性の人名は性変化するので、シスター・パウラの本名を、音から近いものからSokołowski(「ソコウォフスキ」)と仮定した場合、Sokołowska(「ソコウォフスカ」)になる。まあ言い出したら「シスター・パウラ」じゃなく「シスター・ポーラ」じゃないかという気もするので、あの世界で話されてんのはポーランド語じゃなくてトリブラ語なんだろう。多分。

pixivに投稿された作品 pixivで「シスター・パウラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1350

コメント