ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:進藤尚美


概要

《マイスター乙HiME》

所有GEM・通称:嬌嫣の紫水晶(きょうえんのむらさきすいしょう)

マスター:真祖

ヴィントブルーム出身。五柱の一人(三の柱)。

ナツキの補佐役を務めているが、ナツキに対する思いはかなり深く、時には過剰なスキンシップに及ぶこともある。

才色兼備で乙HiMEとしても確かな実力を持った存在で、学園の生徒や市民からの人気も高い。

特にトモエ・マルグリットからの崇拝は半端ではないが、それすらも手玉に取った。

物柔らかな物腰と京都弁が特徴。

ガルデローベに在学していた頃はナツキや舞衣の一期先輩にあたり、トリアスのトップだった。

因みに、アイン・ルーはシズルとハルカの先輩で、更にシズルのお姉さまでもあり、アインもまた女の子を可愛がる癖があったと思われる(この先輩にしてこの後輩あり・・・?)。


アリカがオトメになると決めたきっかけの人。

シズル自身もアリカの才能に期待している様で、作中で度々話すシーンがある。


今作でもハルカから一方的にライバル視されているが、特に険悪な雰囲気ではない。


モチーフは、藤乃静留

見た目も中身も然程大きな変更は無いが、前作終盤で見せた狂気は無く、最終回でのハルカとの共闘は前作を知る視聴者としては感慨深いものがあるだろう。

マテリアライズシーンは何故かアオリ構図のため、まるでラスボスのような雰囲気だと名高い。


作品人気投票では第1位にランクインした人気キャラクター。シリーズ総合なら10位(静留とは別人だとカウントされた集計結果)と、その人気は作品内に留まらない高さ。


漫画版

本作でも、才色兼備でオトメとしても確かな実力を持った、アリカやトモエ達後輩学生の憧れの存在である。

アニメ版と同じくナツキの補佐役で常に傍らで師事しており、またガルデローベの教師として舞闘などを教えている(より良いところを伸ばす主義)。

こちらでもアリカの師匠の様で色々仕込んでいるらしい。

時折、その時の心境を表したかのような字が描かれている扇子を広げる(内容は「美力爆発!!」「酒池肉林」「眼福」など多彩)。


性格・設定などにアニメ版との違いはほぼ無いが女の子並に可愛い外見であらば男であるマシロもお気に入りになるなど、更に節操が無い。

実際、番外編の「SuperH」ではお酒で酔った勢いでマシロに自分の胸を無理矢理押し付けて後一歩で昇天するところまで追い込んだこともあった。


ナツキと共にヴィントブルーム王国の宰相兼大佐であるセルゲイ・オーギュストの様子を監視していたが、結局は詳細を掴めなかった。


風華学園での最終決戦では、美しき暗黒の魔神である「HiME」達の中に自分のそっくりさんがいるかと期待していたが、結局おらず残念がっていた(これは、前作の漫画版において、藤乃静留が一般人だった設定を引き継いでいるため)。

その際に想像したHiME…SIZURUは、エレメントは薙刀、チャイルドは三本首の大蛇「清姫」。頭に「なつきLOVE」と書かれたハチマキを巻いている、と想像だがほぼピンポイントで当たっている。


関連タグ

舞-乙HiME

藤乃静留

ナツキ・クルーガー

アリカ・ユメミヤ

トモエ・マルグリット

関連記事

親記事

舞-乙HiME まいおとめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95662

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました