ピクシブ百科事典

マシロ・ブラン・ド・ヴィントブルーム

ましろぶらんどゔぃんとぶるーむ

マシロ・ブラン・ド・ヴィントブルームとは、舞-HiMEプロジェクトのうち、『舞-乙HiME』および『舞-乙HiME Zwei』での主要登場人物。
目次[非表示]

CV:ゆかな
舞-HiME』における「風花真白」に対応する、『舞-乙HiME』キャラ。

アニメ版

アニメ版『舞-乙HiME』は主人公アリカ・ユメミヤの成長物語でもあるが、同時にマシロの成長物語でもある。
当初はわがままなお姫様 → 女王様であったが、様々な経験が彼女に大きな影響を与え、物語終盤には自身の出自を知った上でそれを乗り越え、分別をわきまえる善き女王に成長した。

14年前にヴィントブルームが襲撃され、王女が行方知れずとなり、その後大臣が赤子だった王女を発見したとして共に来たのがマシロである。
だが一度行方不明になったことでその出自を疑われており、マシロ自身もまた疑っていて、誰にも弱みを見せぬようにワガママな振る舞いを繰り返していた。
中盤でナギによりヴィントブルームが制圧され、マシロ自身も国を追われるという試練にさらされる。

漫画版

漫画版『舞-乙HiME』では彼女に相当するキャラが物語冒頭で暗殺されており、その替え玉の少年「マシロくん」が主人公となる展開。
序盤ではアニメ版と同じく「マシロ・ブラン・ド・ヴィントブルーム、通称:マシロ姫」という表記だったが、後半からは「真白姫」と呼ばれるようになる。
マシロくんはもとより、漫画版の真白姫の性格についても実はアニメ版のマシロ姫とは性格がかなり異なっている(ファンからの俗称は「真姫」と呼ばれていることからお察しください)。






漫画版のネタバレ





実は、真白姫は一度自らの命を絶ち、暗黒の魔神「HiME」を召喚する力を得て蘇っていた。序盤から中盤までは登場しなかったが、後半になってマシロくんの前に姿を現す。
力と恐怖で世界を支配しようとする姿勢をマシロくんに反発され、抗争を繰り広げる。


関連タグ

舞-乙HiME アリカ・ユメミヤ アオイ・セノー ミコト マシロくん

pixivに投稿された作品 pixivで「マシロ・ブラン・ド・ヴィントブルーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22976

コメント