ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:関智一

概要

高等部1-A組の男の子

嘗ては有望な剣道部の部員だったが、大会前に怪我をしてしまい出場出来なかったことで荒れており、剣道部も退部して孤立していた。

藤乃静留によって生徒会に拾われてからはある程度落ちつきを取り戻したが、何事にも冷めた態度を取るようになり、何かに意気込むことを忌避する性格となってしまった。


宗像詩帆とは幼馴染の関係であり、慕われているものの本人はのように感じている。


鴇羽舞衣とは会う度にいつも言い争うぎこちない関係が続いていたが、「黒曜の君」との最終決戦において彼女に愛を告げている。


全てが終わった後は正式に舞衣と交際し始めた。

但し、時々彼女に黙って合コンに参加している模様。


他媒体において

『漫画版舞-HiME』

本作では主人公に立場が変わっている。

過去に巻き込まれてしまった事件が理由で学校に居られなくなり、風華学園に転校してくる。

アニメ版の主人公である鴇羽舞衣は既に在校しており、玖我なつきにとってもチャイルド「デュラン」を生み出す『鍵』となっており、「ドレイ君」と呼ばれつつも想いを寄せられている。


アニメ版に比べると漢気ある性格になっているが、幼馴染の詩帆を庇ったためとは言え自身は傷(保健医の鷺沢陽子が診た際、治癒に特化した彼女のエレメントでも治せず、無理をすれば最悪腕が動かなくなると言ったほど)を負い、暴力事件の当事者になってしまったせいで剣道部が出場停止になったことで先輩から暴行を受け、その時に言われた「頭の良い生き方」という暴言が深刻なトラウマとなってしまっていた。


祐一自身には非は無いのだが、転校初日に巻き込まれた事件などが原因で、武田将士・珠洲城遥・女子生徒達から「肉欲獣」「破壊魔(デストロイヤー)」と呼ばれてしまっている。


最終的に「頭の良い生き方」の呪縛から解き放たれ、ヒルコとの最終決戦後、「黒曜の君」として犯してしまった所業故に未来に不安を抱える鴇羽巧海に、「とやかく言うような連中がいたら俺達が黙っちゃいない」と言って勇気づけた。


『漫画版舞-乙HiME

本作の終盤、アリカニナと共に風華宮に乗り込んだマシロが鏡の中の悪夢に囚われた際、左腕に傷を持つ男が登場。

マシロを叱咤激励して自分を取り戻させ、彼に真の王者の資格である『真白なる金剛石』の貴石が填め込まれた剣を与えた。

その際、MAIを始めとした歪んだ記憶を植え付けられ戦いを強要されているHiMEを救って欲しいと言っている。


そして、マシロが『真白なる金剛石』の剣の力でMAIとそのチャイルドたるカグツチを倒した後、魂を解放された彼女とミコト、ポチと共に、マシロに未来を託し、昇天した……。


尚、真白姫が持っていたペンダントのヴィントブルーム国王と容姿が似ているが、詳細は不明。


余談

監督曰く、アニメ版での立ち位置は「ある意味萌えキャラ(笑)」で、祐一の台詞を女言葉に変換すると健気なヒロインに見えるとか。

最終決戦での活躍や、主人公である舞衣の心の支えとなる部分など評価する点はあるが、中盤から後半の優柔不断なイメージが強いため、微妙に賛否両論なキャラとなっている。

とはいえ、この作品の男性キャラは


唐突に死んじゃう不幸な人


「舞衣さんと結ばれない世界なんて滅びてしまえ」と宣うラスボス(笑)


病弱で想い人であるHiMEの足を引っ張ってしまったある意味ヒロイン


HiMEを利用しようとして、結局心中に巻き込まれた小者


と、いろいろと残念なキャラばかりなので、彼等に比べればマシなほうかもしれない。


まぎれもなく一般人であるが、周囲の重要人物に与えた影響は大きい。

たとえば舞衣が度々闇堕ちフラグを建てながら踏みとどまったのは、無意識下で祐一を心の支えとしていたためであった。

さらに黎人が半ば暴走して世界を滅ぼそうとしたのも、舞衣が黎人よりも祐一を選んだことが原因であり、そういう意味では、舞-HiMEの結末を迎えるための立役者だったと言える(事実、祐一が存在しない「舞-HiME戦(IXA)」では、舞衣と黎人が結ばれる代償に全人類が滅亡している)。

決して特殊な能力はないが、間違いなく「舞-HiME」において重要なキャラであった。


関連タグ

舞-HiME

関智一

鴇羽舞衣

宗像詩帆

剣道部

関連記事

親記事

舞-HiME まいひめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました