ピクシブ百科事典

ジャンゴ・ラインハルト

じゃんごらいんはると

ロマ民族出身のジャズ・ミュージシャン、ギタリスト。
目次[非表示]

本名はジャン・バティスト・ラインハルト。(1910年1月23日~1953年5月16日)

概要

ロマ民族ジプシー)出身のジャズ・ミュージシャン、ギタリスト
ジプシー音楽スウィング・ジャズを融合させたジプシー・スウィングの創始者で、ジャズでギターをソロ楽器として使用した先駆者でもある。
後進に多大な影響を与え、モダン・ジャズ・カルテットジョー・パスディッキー・ベッツオールマン・ブラザーズ・バンド)などがトリビュート作品を制作している。

略歴

両親はロマ民族の旅芸人で、1910年、ベルギーに滞在中に誕生。
一族と共にヨーロッパ各地を旅しながらバンジョーギターヴァイオリンの演奏を身に着けた。
1920年頃からパリダンスホールに出演し、1926年に最初のレコーディングを行った。
1928年、住居である幌馬車が火事になり、半身に大やけどを負う。右足が麻痺し、左手の薬指と小指が動かなくなったが、ハンディキャップを克服するため独自の演奏法を編み出す。
1934年、フランス・ホット・クラブ五重奏団に参加。
1939年9月1日、イギリス・ツアー中に第二次世界大戦が勃発し、パリに戻る。
1940年、パリがドイツ軍に占領されるが音楽活動を続け、「ヌアージュ」が10万枚以上を売り上げる。
1944年、ドイツ軍が撤退しパリが解放される。
1946年、初のアメリカ・ツアー。
1953年、脳出血により死去。

関連タグ

ギタリスト ジャズ ジプシー

関連記事

親記事

ギタリスト ぎたりすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンゴ・ラインハルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8

コメント