ピクシブ百科事典

ジュリエット・ヴァイオレット

じゅりえっとゔぁいおれっと

「Fate/Grand Order」の期間限定イベント『虚月館殺人事件』の登場人物
目次[非表示]

とある街を牛耳るヴァイオレット家の長女で、妹と弟が一人づついる大学生。
組織存続のために、ライバル組織の長の嫡男と政略結婚させられる身であり、同時にその極秘の場に主人公(が憑依した彼女の友人)を招いた張本人でもある。

外見は主人公の認識フィルターを通して変換されており、「ステンノ」に見えるが、実際はイメージのよく似た別人である。
そのため描かれているイラストは全てステンノ(の外見)であるが、逆に通常のステンノのイラストにこのタグを付けるかは注意。

人物

外見のイメージ通りに可憐で儚げながらも傲慢で酷薄そうに見えるが、実際は気丈で義理人情に厚い人柄。自由奔放な双子の妹に反して、お嬢様然としたお淑やかさを持つ。
婚約相手のモーリスの人柄を嫌悪しながらも、家への恩義や家族への愛情から進んで政略結婚へと身を差し出す。

招いた友人とは大学のゼミ仲間で、二日に一度ぐらいランチを共にして、週に一度ぐらい、観光にでかける程度のお友達な関係。ライバル組織の人間の嫌がらせによって周囲の学友が離れていくなか、最後まで一緒にいてくれたということで特別な感情を抱いている。この婚約式に招いたのも、彼女の無意識な不安が、家族以外の心の拠り所である友人を欲したかららしい。無自覚ではあるが。

人間関係



中盤のネタバレあり


※人間関係の表記は第2節にてマシュが作成した人物相関図を元にしています。

アダムスカ・ヴァイオレット(ランスロット)
父親。ヴァイオレット家の現当主。
ヴァイオレット家存続のために、妻や部下たちからの反対を受けながらも、ジュリエットの意思もあり彼女を政略結婚に出すことにした。
それでもジュリエットとの関係は良好で、娘たちからは若干情けないと言われながらも誠実な人柄から慕われている。ジュリエットの「友人」のことは、彼女の支えになっている事からかなり感謝している。

ハリエット・ヴァイオレット(エウリュアレ)
双子の妹。ライバル組織の嫌がらせでジュリエットの周りから皆離れていき、彼女がそれに耐えていることを知っているため、変わらずに側にいる「友人」の存在に感謝している。

エヴァ・ヴァイオレット(源頼光)
母親。ヴァイオレット家とゴールディ家の政略結婚は必要な事であると理解しているものの、当のジュリエットが口では割り切っていると言いながらも割り切れていないのは目に見えており、エヴァ自身はやきもきしている。

ケイン・ヴァイオレット(メフィストフェレス)
弟。スクールに通う年齢だが、精神発達に障害があり言動は幼い子どものままである。ジュリエットもそれを複雑に思いながらも、やはり家族として大切にしている。

ホーソーン(新宿のアーチャー)
ヴァイオレット家のかかりつけ医。両親の友人で、生まれた時からの付き合いである。彼には気を許しており、本音で接することができる。
両家の婚姻は必要なことだと理解してはいるものの、ジュリエットがモーリスと結婚するのは彼女を不幸にするだけだと断言している。

モーリス・ゴールディ(モードレッド)
婚約者。ライバル組織ゴールディ家の長男で、イメージこそモードレッドだが正真正銘の男性
粗暴な性格で女遊びも激しく、ジュリエットはモーリスを嫌っており、モーリス自身もジュリエットより彼女の妹の方が好みだと最低の発言をしている。

アーロン・ゴールディ(フィン)
婚約者の父。ゴールディ家の当主で、同家の存続のためにヴァイオレット家との縁談を勧めることにした。
後妻ドロシーとの間に娘のローリーが生まれた為に今でこそ控えているものの、昔は息子同様に女遊びが激しかったらしく、たまにその片鱗が垣間見える。ジュリエットはそんなアーロンのことも嫌っている。

クリス(ベディヴィエール)
両家の婚姻の間を取り持つために仲介に入っているマーブル商会の見習い。誠実な人柄で仕事熱心。
実はアーロンの隠し子であり、後にモーリスが行方不明になったことで、アーロンによって出自を知らされてゴールディ家の後継者に指名され、ジュリエットの婚約者になる。



関連イラスト

虚月館
ステn ジュリエット


ジュリエット
あなたがいてくれて本当によかった



関連項目

Fate/GrandOrder 虚月館殺人事件

別名・表記ゆれ

ジュリエット(Fate)

















以下に物語の核心に迫るネタバレあり





※本当の人間関係


アダムスカ・ヴァイオレット(ランスロット)
父親だと思っていたが、実は双子の妹共々血の繋がりはない。
母がどこの誰かもわからない相手の子どもを妊娠した為、娘の不祥事を部下たちから隠す為にヴァイオレット家の先代当主によって半ば強引に婚姻を進められ、婿養子として迎えられた。
妻に惚れていたアダムスカは双子が自分の子どもではないことを知りながらも結婚したが、双子の実父の正体は知らなかった。

アーロン・ゴールディ(フィン)
婚約者の父親だが、実は本当の父親
かつて遊び歩いていた時に、たまたま一夜を過ごした相手がジュリエットたちの母親だったのだが、アーロンはライバル組織の令嬢であることに気づいていなかった。そのためジュリエットとその妹が実子であった事は知らなかったのだが、それが巡り巡って自身の息子たちを失う事となってしまった。

ハリエット・ヴァイオレット(エウリュアレ)
母親。モーリスとクリスを殺害した今回の事件の犯人。
ヴァイオレット家の令嬢だが若い頃はかなり遊び歩いていたようで、ジュリエットとその妹はアーロンと一夜を過ごした時に身籠もってしまい、妊娠に気付いた時には降ろせる時期は過ぎていた。双子の実父の正体を言えばゴールディ家との全面戦争になると思い黙っていたが、時が過ぎて外部の勢力に対抗するために両家の婚姻が持ち上がり、娘のジュリエットとアーロンの息子モーリスとの結婚が決まってしまう。今更真相を話すこともできず、しかし倫理観から娘の近親婚を許せず、結果的にアーロンの二人の息子を殺害した。

エヴァ・ヴァイオレット(源頼光)
双子の妹。ジュリエットと同じく実父はアーロン。
二卵性の双子のため姉ジュリエットとは外見は似ておらず、性格も母親同様にわりと遊び好きな性格。

ケイン・ヴァイオレット(メフィストフェレス)
異父弟。アダムスカにとっては唯一の実子にあたる。
実は精神障害は演技で、ヴァイオレット家の在り方に嫌気がさしており、後継者候補から外れるために精神障害者のふりをしてきた。本来は家族想いの性格で、家族を騙して悲しませていたことについては罪悪感を抱いていた。
事件の真相が解明した後は演技をやめ、次期当主としてヴァイオレット家とゴールディ家を支えることを決めた。

ホーソーン(新宿のアーチャー)
若い頃はジュリエットたちの母ハリエットの事が好きだったらしく、彼女のことを見てきた。
そのためハリエットが両家の婚姻に反対していた事から、ジュリエットとエヴァの実父の正体や殺人事件の真相に薄々気づいていたが、結局止めることができなかった。

モーリス・ゴールディ(モードレッド)
異母兄弟。アーロンと先妻との間に生まれた。ハリエットの結婚を取りやめて欲しいという言葉に耳を向けなかった為に、崖から突き落とされて殺害される。

クリス(ベディヴィエール)
異母兄弟。アーロンとマーブル商会No.2のアンとの間に生まれたが、実母の正体は知らなかった。
同じくハリエットの結婚取りやめの訴えに対し、自分だけの意思では変更できないと返した為、毒を打たれて殺害される。

ローリー・ゴールディ(マンガで分かるバーサーカー)
異母妹。アーロンと後妻ドロシーとの間に生まれた。無邪気な女の子でケインと仲が良い。
アーロンにとって唯一の後継ぎになってしまった為、とりあえず急しのぎとしてケインとの婚姻が決められたが、ジュリエットとしてはやはり弟たちのことを思って複雑だったらしい。ケインはアダムスカの実子のため近親婚にはあたらず、ローリーが殺されることはなかった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュリエット・ヴァイオレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 899102

コメント