ピクシブ百科事典

ジョア

じょあ

ジョアとは、週刊少年漫画『トリコ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ヤクルトが販売している飲料⇒ジョア(ヤクルト)参照。
  2. 漫画『トリコ』に登場するキャラクター

ここでは2について説明する

概要

CV:難波圭一

第三勢力「NEO」のトップにして「闇の料理人」と呼ばれる謎多き人物。かつてはジダル王宮にて専属の料理長を務めていた。
年齢は少なくとも200歳以上で、200年前に第1回クッキングフェスティバルで優勝した。しかし大会後に様々な不正が発覚したことで優勝は取り下げとなり、料理界から永久追放された。 歴史から葬られ、現在ではその名を知るものは殆どいなくなったが、節乃は今でもかすかに黒い噂を耳にしていたという。
クッキングフェス編では黒いローブに身を包んで会場を訪れ 次郎によってフードを剥がされ、その素顔が既に死んだ筈のフローゼのものだと判明、読者を驚愕させた。更に、嘗て彼女が愛用していた伝説の名包丁「シンデレラ」を所持している。
また、アカシアとフローゼ以外に食べたことのないはずのアカシアのフルコースを食べたことがあり、グルメ細胞を完全にコントロールしている。 しかし節乃曰く、「フローゼのグルメ細胞とは全く別物」らしい。
性別も不明で、カーネル・モッコイを初めとするNEOの面々からは「彼」と呼ばれていて、タイトルや煽りにも「謎の男」と表記されており、またフローゼを「我が母」と呼んでいる。
纏っているオーラは非常に禍々しく、鉄平は彼と相対しただけで「まな板の上に乗せられて調理されてしまう」イメージを見せつけられた。
料理の腕も最高峰であり、節乃でさえもなし得なかったポイズンポテトの完全な解毒法を唯一知っているという。

その正体は三虎がフローゼの墓に癒水をかけ続けたことで蘇ったものの肉体に戻ることを拒否したフローゼの魂に代わり、アカシアに呼ばれ彼女の肉体に代わりに入り込んだ食霊。ペアの効果か肉体は男性になっている。
アカシア自身は彼をフローゼの息子だと思っていたが・・・

アニメ版での動向

トリコとスタージュンの激闘で乱入する点は原作と同じだが、それによって二人は戦いを中断してフェス会場に戻ったためトリコとも対峙。
他の物(者)を道具とみなす非情な面が強調されており、GODですら世界を支配する道具と思っている。
GODを入手する為、グルメピラミッドのレシピ本と類稀なる食運を持つ小松を狙い、立ちはだかる四天王とスターを圧倒。トリコから発現した悪魔オーガーに腹を貫かれると彼を煽り、暴走を促そうとするが小松の呼びかけでトリコはオーガーを制御。彼の実力を測るとジョアもまた自身の悪魔と一体化したような邪悪な姿へと変貌。シンデレラもまるで大剣の如く巨大化した。
実力は互角のように思えたがトリコが今まで食べた食材の力に圧倒され、無限釘パンチの前に敗北を喫し、他のメンバー達と共に透影に回収されていった。

能力

対象の旨味(生命力)を読み取ったり対象の味(思考)を自在に変える能力を持っており、クッキングフェス編では後者の能力を応用した「テイストチェンジ」という技を使い、鉄平を己の部下へと洗脳した。

菌類の扱いにも長けており、上記の洗脳も菌を利用したものである。中にはまともに受ければ肉体が溶けて崩れ落ちてしまうという危険なものもある。
さらにフローゼの肉体に宿る「食運」を行使し、戦いを自分の思い通りに進めるという無敵に近い力も持つ。しかし運にも限度があるようであり、使いすぎるとスカ…と弾切れを起こす。

パートナー

捕獲レベル295の幻獣類「透影(とかげ)」。影のように自在に姿を変え、ジョアの乗り物となったり自身を含む人を捕らえ、隠すのに利用する。

関連タグ

トリコ NEO
フローゼ

関連記事

親記事

NEO ねお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35321

コメント