ピクシブ百科事典

次郎(トリコ)

じろう

次郎とは、週刊少年漫画『トリコ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:森川智之

美食神「アカシア」の二番弟子で、「ノッキングマスター」と呼ばれているノッキングの達人。本名は「二狼」であり、兄弟子の一龍、弟弟子の三虎と同じく数字+猛獣の名前が冠されている。

現在は一線を退いているが、たまに気まぐれで捕獲活動を行う事もある。嘗ては節乃とコンビを組んでおり、彼女の事は「セッちゃん」と呼んでいる。
かなりの好きで、「ワシにとって酒は命」とまで言うほどである(もっとも、流石にグルメ界に入る時は禁酒する)。トリコ達とは最初に洞窟砂浜へ向かう列車で会い、その時に酒を譲ってもらった。彼にとってその恩は一生忘れないものだという。
トリコと小松にとっては命の恩人で、初登場となったフグ鯨編で小松を蘇生させ、グルメ界編では小松の懇願でトリコを救出した。

ノッキングマスターと呼ばれるだけあって、その実力は確かなもの。彼はオリジナルのノッキングガンを用いてノッキングするのだが、ノッキングだけではなく、の強化、心肺蘇生も可能となっている。グルメ界に入る時は自らにノッキングによる身体強化を行い、下図の様に若返る。
そして彼はあらゆるのノッキング方法を熟知しており、扱い方が難しいといわれる「ノッキングライフル」を「マミュー」というグルメ界の猛獣の大群に全てヒットさせたりしている。
因みにトリコとココが1時間かけて10匹しかノッキングが成功しなかったフグ鯨を、彼はバケツから溢れ出るくらいの量をノッキングしている(どのくらいの時間をかけたのかは不明だが、それでもかなりの実力があることは分かる)。
クッキングフェス編ではデコピン一撃でニトロの頭を吹き飛ばし、更には大地をノッキングしに居る人間全員の動きを止めただけでなく地球の自転さえも一瞬止まりかけた、「グランドノッキング」という技を披露、一線を退いてもなお化け物じみた実力を見せ付けた。

物語終盤にて、最果ての厨房に姿を見せブルーニトロから「ネオにGODを食わせ、完全な状態で復活させてから封印する」と言う真の目的を聞き出した後、自らアカシアの抹殺を公言。アカシアによって施されたノッキングを外し、かつて「暴獣二狼」と呼ばれた真の力を解放。その際、かつて自分が狼王ギネスに育てられ、餌としてニトロを食していた事が判明(ギネスパンチの由来)。
ブルーニトロを終始圧倒するものの、ネオとして現れたアカシアにかつて伝授された技術でダメージノッキングを解除され、地球数個を滅ぼすほどのダメージが一気に噴き出した事で肉体が潰滅し、死亡した。



なお、鉄平は彼の子孫にあたる。


若返った時の姿

じじい



プロフィール

年齢:500歳くらい
血液型:B型
誕生日:2月2日
星座:不明
身長:不明
体重:不明
視力:不明
足のサイズ:不明
好きなもの:酒
嫌いなもの:高い所
好きな言葉:酒は百薬の長

フルコース

彼のフルコースメニューは、未だ多くの人が口にしたことが無く、捕獲レベルも全て測定不能である。

オードブル(前菜)百葉のクローバー
スープ コンソメマグマ
魚料理王陸鮫
肉料理アシュラサウルス
主菜(メイン)ET米
サラダグラナレタス
デザートオアシスメロン
ドリンクドッハムの湧き酒

弱点

三虎の回想で高所恐怖症である事が判明した。
理由はアカシアにイタズラのお仕置きとして崖につるされた事がトラウマになったから、らしい。

関連タグ

トリコ 小松(トリコ) 鉄平 節乃

pixivに投稿された作品 pixivで「次郎(トリコ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 307

コメント