ピクシブ百科事典

デビル大蛇

でびるおろち

漫画『トリコ』に登場する猛獣。
目次[非表示]

概要

暗所に生息する巨大な。そのサイズたるや40mほど、体重も17t近くもあり、のような巨体のトロルコングを簡単に丸呑みにしてしまうほどの大食い(グルメコロシアムでは10tのエレファントサウルス、5.6tのゲロルド、6.5tのガウチに加え3.5tのシルバーバックの計25.6tを一飲みにしていた)。アニメ版では巨大な種はデーモンデビル大蛇とも呼ばれている。
捕獲レベルは21~25とされているが、これは今や全くアテにならない(後述)。

ヘビのくせに無数にが生えており、3つの顔面から突出し、ライオンのようなを持っているなんとも不気味な姿。
主な武器から吐き出す毒液と、から直接絞り出す消化液。また、鼻先にあるピット器官は0.0001度の狂いも見逃さない強力な赤外線探知機であり、暗闇の中でも獲物を探し出すことが可能。巨体に見合わず動きは極めて機敏で、ココの毒砲を簡単にかわせるほど。
皮膚は極めて伸縮性に優れており、ギュッと固めることでガララワニを首チョンパするナイフにも耐えることが可能。また再生能力も非常に高い。
ものすごく美味い㎏単価150万円と破格の値が付けられている。
始めて主人公とまともに交戦できた敵キャラである。

ちなみに登場当初こそ「地獄からやってきた太古の魔獣」とか「バトルウルフと肩を並べるとされる強さを持つ」として恐れられていたが、作中では本気を出したトリコやココの敵ではなく、さらにデビル大蛇(デーモンデビル大蛇)とバトルウルフが対戦した際にはあっさりデビル大蛇は倒されてしまっており、その後もデビル大蛇以上の捕獲レベルと戦闘能力を持つ生物が続々登場していることから読者の間ではトロルコングと並んで設定倒れのキャラとして半ばネタにされていた。

とは言え、かねてより作者からは「世界のどこかにはもっと強い個体がいる」とフォローされ、さらに人間界編最後の章となった一龍三虎の過去編ではまだ子供だった三虎がデビル大蛇に挑んで敗北したが、そこでのアカシアの説明でも「世界最大級のデビル大蛇はこの世界の8種の獣たちの王“八王”と比べても遜色ない実力を持つ」とされており、すなわち人間界で登場したレベル20そこらのデビル大蛇はデビル大蛇全体の中でも赤子同然の存在だった可能性があることが示唆されていた。

原種

ネオ八王達との戦いの中で登場したグルメ界に生息するデビル大蛇の原種個体。
全長1200mと人間界に生息する個体よりも遥かに巨大で、ネオですら油断すれば身体を溶かされてしまうほどの猛毒を有している。

エリア5を支配する八王“鹿王スカイディア”の背中を覆う捕獲レベル4000以上の猛獣がひしめく森林地帯に生息しており、ネオを敵視するスカイディアの意志に従って彼が生み出した裏のチャンネルの世界で同じくスカイディアに呼ばれた他の猛獣ら(次狼のフルコースに選ばれた皆様他)とともにネオに襲いかかった。

気になるその捕獲レベルは5100と人間界産の個体とはまるで比較にならない。
しかし、先ほども記した通りアカシアが言うには「最大級のデビル大蛇は八王とも遜色ない実力がある」とされており、八王の捕獲レベルアベレージが6000以上である事を考えると、捕獲レベル5100の個体は最大級ではないのかもしれない。
ちなみに捕獲レベル5100はグルメ界でも最強クラスの数値であり、これを超える猛獣は、八王とその同種族、そして捕獲レベル10000のGODのみである(参考リンク)。



因みに

最終回では新たな八王を決める戦いで、人間界のデビル大蛇が参戦する事が判明している。

関連項目

悪魔 怪獣 毒蛇

コメント