2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

 漫画トリコ』に登場する数値。
 食材捕獲困難さ(強さではない)を表したもので、捕獲レベル1で、猟銃武装したプロのハンターが10人(読切では1人)必要な程度。5を越えれば戦車でも破壊されうるレベルとのこと。

基本的には食材となる動物の危険度を表していると言ってもいいが、本来はあくまでも“捕獲(採集)難易度”を示すものであり、必ずしも強さ・危険度に比例するわけではない(並外れた逃走能力を持っていたり、隠遁、欺瞞能力を持っている場合もレベルが高くなる傾向がある。)
トリコ世界では植物戦闘力をほとんど持たない動物も多く、そういった場合にはその生物の生息する地域自体の危険度、発見しにくさなども考慮される(例としてサンサングラミーなどがいる、コイツ本体はレベル1にも満たないが、毎分一兆トンの滝の裏にある洞窟に潜んでいるため、コレを超える難易度を加味した実質捕獲レベルは80を超える)。
極端な話、身を屈めてむしるだけで手に入る「グルメ界の何の変哲もない雑草」も「グルメ界」という入る、滞在するだけで命懸けの特異な環境に存在するというだけで捕獲レベルが500を突破するようなモノである。
そのため、捕獲レベル50の生物でも3や4の奴に負けたり、なすすべもなく食われたりすることは有る。

 しかし、いつの間にかこの数値は果てしなくインフレを続け、序盤は20そこらで苦戦していたにもかかわらず、全長1500mリーガルマンモスがたった48(人間界は100がほぼ上限のイージーな領域なので充分な高レベルではある)、グルメ界では500代がデフォルト(底値)にもかかわらず、四獣はグルメ界の猛獣で各個体が100超、こちらは手足というか使い魔のようなものでしかないとしても、本体のレベルは325(人間の味が好きだから人間界に来ている等と説明されているがこの程度の実力では負け惜しみにしか聞こえない)、1400そこらのヤツが数百匹のレベル600級のサル暴力で完全支配している(一応八王の一角である猿王バンビーナ、捕獲レベル6000の後ろ盾がある)など、日に日に形骸化が深刻になってきている。
そして、最終話では捕獲レベル530000の大蛇が登場した(強さ云々以前に宇宙というグルメ界以上に常軌を逸した環境が加味されていると思われる)

 ちなみに、捕獲レベルはあくまでも食材としての入手の困難さを示しているものであり、食材の美味しさとは必ずしも比例はしていない(治療に効果を発揮するもの等、単純に貴重だから捕獲レベルは高いが、用途的に食用には適さないというモノも多く、単純に不味かったり、毒まみれで食えなかったりもする)、グルメ界編において水中都市ブルーグリルでの料理対決に参戦したユダは、自身のフルコースの捕獲レベルの低さを対戦相手のコンドルウインドーに馬鹿にされた際も、捕獲レベルにこだわることをナンセンス(無意味)として、フルコースに優劣は無く「掲げる人にとっては最高の献立」であると称している。
美食神アカシアの掲げるフルコースですら、あくまでアカシア本人にとってのフルコース(実はアカシアがとある目的のためにフルコースとして定義したものであって、本当の意味で"アカシアのフルコース"ではない)であり、万人にとって最高のフルコースとは限らない。
作中では一度も起きていないがもしかしたら一度認定したフルコースが別の食材で上書きされる事だってあるかもしれない。(大抵の人間は「これだ」と運命のようなものを感じるらしいが)

激臭で有名なシュールストレミングだって「口にするどころか眼前で開けたくない」という者が多いが、「美味しいから毎日のように食べる」という変わり者もいるかもしれないし、世界最辛と言われる類の唐辛子だって、通常は舐める事すら忌避されるが、これがやめられないという者だっている。

また、トリコ達は作中一度も「こちらの方が美味い」とは述べたことがない(この性質が以前食べた物より優れているとは述べても味については言及しない)
したとしても「この調理法の方が美味い」という同一食材同士の比較のみである

要は高級だのなんだのよりその本人に適合した美味くて栄養のあるものを食べることが大事なのだ

関連タグ

戦闘力 超人強度

関連記事

親記事

IGO あいじーおー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「捕獲レベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました