ピクシブ百科事典

クッキングフェス

くっきんぐふぇす

週刊少年ジャンプ漫画「トリコ」で開催されるイベント。
目次[非表示]

概要

第一部のエピソードの一つで、四獣編の次の話。人間界編の最終シナリオにあたる。
四年に一度に行われ、料理の世界一を決める料理人の祭典、クッキングフェスティバル。開催される月の世界料理人ランキングトップ100のランカーのみが出場できる。

会場は数億人もの観光客が訪れるクッキングアイランドという島で、メイン会場は収容人数1億人のクッキングスタジアム。ここから世界中に生中継されるフェスのテレビ平均視聴率はなんと95%(決勝が放送されるゴールデンタイムの瞬間最高視聴率は99%)。
その人気ぶりから決勝戦の日はクッキングホリデーと呼ばれる国民の食日(祝日)に指定されており、世界中の人は皆クッキングアイランドに集まる程。

当然経済効果も数千兆円であり、世界中のTV局はフェスの放送権を巡って億単位の費用を投じ、わずか数分で放送枠が完売。他にもフェスに関連する曲のCDや書籍といった商品も一種類につき数千万~億と
いう数が売れるが、それらはあくまで一時的な経済効果に過ぎない。
一方、優勝した料理人はスーパーコックという称号が貰え、料理人としての地位や名声はもちろんのこと、この先何十世代に渡っても決して使い切れない程の財が湯水のように入ってくる。

200年の歴史を持ち、作中で行われたフェスは第50回目。過去49回で優勝した料理人はザウス(14回)、節乃(28回)、ブランチ(1回)、ユダ(2回)、千代(4回)の5名のみ。
第1回はジョアが優勝したが、数々のルール違反が発覚した事により失格となり、次点の節乃が優勝となった。

種目

予選1回戦。トライアスロンと料理を合わせた種目で、ゴールの調理場で作った料理が美味かった上位50名が勝ち残る。
まず米の砂浜ライスビーチから750m沖にあるたこ焼き島をスイムで往復し、先着順で食材を選ぶ。つまりタイムが速い選手が美味な食材をゲットでき、遅い選手は逆に料理の技術で食材をより美味しく調理しなければならなくなる。
次は選んだ食材を出前用の自転車で運ぶバイク。ルートは複数存在し、楽なコースは距離が長い一方、近道は猛獣が生息する険しいコースである。当然だが欲張って多くの食材を選びすぎると運びづらくなる。
最後はマラソン。途中にある給水所ならぬ給具所に選手の調理器具が置かれており、それを手に入れてゴールに向かう必要があるが時間が経つと閉じられてしまい、その場合一般の調理器具で調理しなければならない。

小松にとっては運動面が不利で、スイムでは高級食材を全て持っていかれたが食材に好かれる才能を持つ彼にとっては大したハンデにはならず。
その様子を見たブランチに気に入られ、ブランチの助力あって小松はメルク包丁を使わずに勝利する。

  • 天秤デスクッキング
予選2回戦。原作では省略され、アニメでようやく描写された。
名前の通り、巨大な天秤の上で調理する。相手より早く調理すれば使用した食材の分だけ天秤が軽くなって皿が上がり、逆に遅ければ下に傾くという仕組み。

わぶとらが素早く調理する中、小松は皿が炎に近づき火力が上がる事を計算し、焼くのに時間がかかるハンバーグを調理して勝利。

  • 一島丸ごとクッキング
予選3回戦。こちらもアニメでのみ描写。
クッキングアイランド周辺の島々の中から一つを選び、その島の食材を丸ごと捕獲・調理するのだが、選手は会場からパートナーを一人選べる。
この種目で決勝トーナメントに出場する選手は32名に絞られる。

小松はもちろんトリコと共にグルメ島を選ぶが、その島は食材を捕獲してもすぐ再生するため断念。
しかし島から流れる栄養の先に存在するオイースター島を調理し、勝利。

  • 闇料理対決
決勝トーナメント1回戦。お互い何も見えない暗闇の中で食材を選び、調理する。中には激マズ食材や特殊調理食材も存在するため、一つのミスが命取り。
この種目の途中で美食會が攻め込んできたため、第50回フェスは中止となった。

美食會NEOとの争い

シャボンフルーツ編終盤にて、料理人達を拉致している美食會が一ヶ月後に開催されるフェスに現れる事を懸念したIGOから、第0ビオトープから光才老と栗坊、第1ビオトープからマンサム茂松リンがフェス会場に派遣される。

予想通り美食會は上記の決勝戦の途中で会場に到着し、副料理長以下のメンバーや多数の灰汁獣にニトロが攻め込んできた。
料理人を守るべく、美食屋四天王や料理人達が激しく争う中、両陣営に紛れ混んでいた第三勢力「NEO」が暗躍し双方は大打撃を受けてしまう。
トリコスタージュンに敗北し、小松はトリコに蘇生包丁を施す為、スターにさらわれてしまい残る三人も戦闘不能に追い込まれる。後に美食會も総本部を襲撃され、多くの幹部連中がNEOに寝返ってしまう。

そしてグルメ界三虎がメテオスパイスを放ったことで三つ巴の戦いは休戦となり、人間界はIGOの備えた防衛網で多くの人々が無事だったものの、食材枯渇によって壊滅状態に陥ってしまった。

なおアニメ版では中盤以降が改変されており、ジョアの乱入に気づいたトリコとスターは一旦戦いを止め、フェス会場へ戻る。
そこからは次郎、節乃がジョアに洗脳された鉄平をノッキングし、四天王とスターは小松を守るべくジョアと対峙。最終的に自らのグルメ細胞を制御したトリコがジョアを退け、メテオスパイスによる被害も人間界壊滅とまでは至らなかった。

関連タグ

トリコ IGO 美食會 NEO

関連記事

親記事

トリコ とりこ

兄弟記事

コメント