ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

トリコ』に登場するカジノ
犯罪大国ジダル王国の地下料理界に居を構える巨大な総合レジャー施設で、世界に100件以上存在するグルメ関連の賭博場の中でも最大の規模を誇る。町の総面積は650平方㎞(東京23区よりでかい)、1日の市場規模は100兆円に及ぶ。
ここに限らずグルメ賭博施設においては、景品として食材が入手できる。いうなればパチンコ屋で大当たりしてカップラーメンを貰うようなものであるが、グルメカジノの場合はその規模が半端ではなく、滅多に入手できない捕獲レベルが50を超えるような食材や、IGOが取引を規制している食材まで得ることができる。これはジダル王国の地上界の治安が相当に悪く、毒化したフグ鯨一個でも手にしたら即逮捕される麻薬食材が普通に商取引されていることも原因の一つである。
グルメカジノ内部ではグルメコインと呼ばれるゲームコインを使用する。コインは食べられる上、金額が上がれば上がるほど美味になる。衛生状態とかどうなのだろうか。

元々は地下料理界の覇者ライブベアラーが支配していたが、トリコとの戦いに敗れた後、改心。ジダル国王ダーニル・カーン失踪後はグルメヤクザと地下料理界の共同経営となり、だいぶマシになった様子。

構造

ジダル王国は「光」と「闇」が極端に分かれた格差社会であるが、グルメカジノもまた例外ではない。

欲望の迷宮

入口から入ってすぐのエリア、いわゆるの部分。
ぞろ目の樹や100面スロットなど、割と健全な娯楽が並ぶが・・・?

  • ぞろ目の木
中心のコブを叩くと1~6までの数字が回転し、3つ揃うと木の実が実る。
出る数字が大きいほど実の味が良くなるが、トリコでも結構難しい。ココ曰く叩き方にコツがあるらしい。
アニメでは更に18連釘パンチで連続して数字を揃えたが、反則だったらしく一瞬で実が萎んでしまった。
元々はジャンプ誌面の美食屋倶楽部トリコFAN!に掲載され、それから数年後に採用された経緯を持つ。

  • 100面スロット
タテヨコ100面のリールで構成され絵の数は全部で60種類。秒速100mから150mのスピードで回転(右側にいくほど回転が速く、倍率の高い絵も減る)し、スロット前の台に搭載されたスイッチで操作をする。
手元のモニターでもスロットの絵を確認できる。

この他、アニメでは当たると食材を貰えるグルメルーレットや丁半、スナック菓子を揃えるスナックジャック等のゲームも存在している。

VIPルーム

一定のお金持ちや常連会員しか入ることを許されないグルメカジノのの部分。
行われているのは破産者の命を懸けたギャンブルであり、毒入りのロシアンとか闘技場猛獣と戦わされる等といった、人権を無視しまくったゲームが行われている。「人間も自然界では食材の一つ」というのがお題目。更に景品の中には違法性の高い麻薬食材も揃っている。
ココ達はカジノで大量の食材を得ることで通してもらえた。

  • ギャンブルベリー
味は絶品だが10粒のうち1つは5分で死に至るアマトキシン類の猛毒が入ってる実。
コミックス3巻の美食屋倶楽部トリコFAN!に掲載され、数年後に採用された経緯を持つ。

裏VIPルーム

VIPルームの更に奥、ライブベアラーの居城。
ここで行われているのは食の記憶を賭けた食の神経衰弱にして最凶のギャンブル『グルメテイスティング』で、敗者は食べた記憶を奪われてしまい最悪廃人と化す。

地下室

ライブベアラーが集めた食の記憶(データ)とメテオガーリックの現物が保管されている。
記憶の中には一龍のフルコースメニューも存在していた。

特別展望レストラン

カプセル状の部屋を繋げたようなレストラン。カジノ街が一望できる。

関連項目

トリコ トリコ地名一覧 賭博
メテオガーリック エレキバナナ 般若パンダ

帝愛カイジ):たぶん元ネタ

関連記事

親記事

トリコ地名一覧 とりこちめいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グルメカジノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239

コメント