ピクシブ百科事典

メテオガーリック

めておがーりっく

メテオガーリックとは、漫画『トリコ』に登場する食材。
目次[非表示]

概要

一龍トリコグルメ界攻略の為に依頼した食材の一つで、読者の投稿アイデア。

隕石が落ちた土地で希に生育するニンニクで、市場では全く見かけない貴重な食材。

土壌の栄養を吸い尽くして育つため滋養強壮成分が半端なく、食べると1ヶ月不眠不休で動けるが、反動で身体がマッチョになる。「ドーピングガーリック」とも呼ばれ、グルメ八法でも食用制限がある。

ジダル王国のグルメカジノに景品として出品されたとの噂を聞いたトリコが小松ココを誘い、カジノでマッチと再会して確保に向かう。

カジノ内でオーナー兼地下料理界のボス、ライブベアラーと出会い彼と食の神経衰弱「グルメテイスティング」に勝利してこれを発見した。

特殊調理食材であり、調理は困難だが、小松が真剣に調理する姿に感銘を受けたライブベアラーが手伝ったお陰で最終工程までたどり着く。

外側はホクホクのポテトのようにパリっと揚げた食感。中はしっとりとしたクリームチーズのような味わいで、ポイズンポテトと組み合わせれば更に美味いと小松は言うが、作中試みられることはなかった。

関連タグ

トリコ ガーリック
ドーピングコンソメスープ…ジャンプ作品のマッチョ化料理繋がり。更に所有者声優が同じ

一龍会長の依頼食材

オゾン草 メルクの星屑 
メロウコーラ 
サンサングラミー
シャボンフルーツ 四獣

関連記事

親記事

トリコに登場する生物一覧 とりこにとうじょうするせいぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メテオガーリック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1441

コメント