ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

極寒大陸アイスヘル中央にそびえたつ巨大氷山グルメショーウィンドーから溶け出した伝説のスープ
このグルメショーウィンドーは名が示す通り食材を腐らせずに保存する天然の冷蔵庫として古来より知られていたようで、古の美食家達が持ち寄った食材のエキスがその素材となっているのだ。

センチュリースープ編


ノッキングマスター次郎が持ち帰ったサンプルをベースに節乃研究を続けてきたが、30年経っても完全再現が不可能だったため、大富豪カーネル・モッコイ100億円賞金を懸けてアイスヘル探索を行った。
アイスヘルの厳しすぎる環境を乗り越え、トリコ達は美食會との争奪戦を制してついにグルメショーウィンドーへとたどり着くが、既にショーウィンドーの中にある食材からは出汁は絞りつくされて残りカスだけの状態となっていた。
それでも「最後の一滴」が残っていたが、この最後の一滴は美食屋の誰でもなく、調理による再現の可能性に賭けて小松が味わう事に決まる。

そして帰還後、小松による再現の試みがスタートする。僅か数か月で節乃のスープに並ぶほどの味まで到達するが、それでも「何か足りない」。
試行錯誤の果てに行き詰っていた所、アイスヘルで親を殺された、小松に懐いていたウォールペンギンの子供が待ちきれず近寄ってきたため、未完成ではあるものの、現時点でのセンチュリースープを呑ませようと与えると、喜んだウォールペンギンのよだれが偶然スープの試作品の中に混入してしまう。するとそこには、グルメショーウィンドーで見た「スープから立ち上るオーロラ」が生まれた。
結果、小松はアイスヘルより帰還してわずか半年という短期間でセンチュリースープの再現を成し遂げた。

センチュリースープ完成の噂を聞き、G7のメンバーが小松の務めるホテルに訪れるが、最初に作られた「完全なセンチュリースープ」はG7ではなく、アイスヘルを共に攻略したトリコ、ココ、サニー、マッチらの仲間に振る舞われた。
センチュリースープを味わったトリコはこの場でこれをフルコース『スープ』に認定し、リンとの結婚式でも薬膳餅バゲット代わりにスープとして出され、後述の顔芸テロを起こすことになった。

また、「味の再現」とはいえその組み合わせはオリジナルであることから、特許の出願を勧められたが、その際レシピの公開が必須である事で、絶滅危惧種であるウォールペンギンが、美食會等グルメ犯罪者達の狩りの対象になってしまうことを危惧した小松は特許の出願及びレシピの公開を行わなかった。(ウォールペンギンの子供は警戒心が薄いため天敵の肉食獣にすら懐いて近寄っていき捕食されてしまう、これが絶滅危惧種になる程個体が少ない主な要因)
この為世界で唯一センチュリースープが飲める場所として(もしかしたら節乃食堂にだけは卸しているかもしれないが)ホテルグルメは星一つ昇格し六つ星レストランとなった。

味・効能

見かけは透明度がほぼ100%の白湯…どころか何もないようにしか見えないが、これは不必要な灰汁が全く存在しないからであり、その味は蒸気がオーロラになるほど濃厚。
一口でも飲めば、メイン画像のような淫らな顔になってしまう。それを嫌がってサニーは劇中一切口にしようとはしなかった。

これが完成した瞬間はトリコは癒しの国ライフにて失った腕の再生治療に努めていたところだったが、それまで再生の種の副作用で血反吐を吐き死にかけていたほどだったのが、センチュリースープの完成を細胞が感じ取った事により、突然驚異的な回復力を発揮して副作用を克服するどころか一気に腕の再生を進めて完全回復した。

美食會もアイスヘルまで幹部級を複数人送り込むほど、グルメ細胞の進化薬として狙っていたが、残念ながらボスの三虎はお気に召さなかったようである。

「同じ味」ではあるものの「材料が違う」ため、小松のセンチュリースープの最後の一品である「ウォールペンギンの涎」は節乃のセンチュリーとは恐らく噛み合わないだろうと節乃自身が予想している、そのため世界のどこかには「節乃の」センチュリースープ最後の一品があるのかもしれない

関連項目

トリコ ウォールペンギン

トリコのフルコース

オードブルBBコーン
スープセンチュリースープ
サラダ食宝エア
魚料理オウガイ
肉料理エンドマンモス
メインディッシュGOD
デザート虹の実
ドリンクビリオンバードの卵

関連記事

親記事

トリコに登場する生物一覧 とりこにとうじょうするせいぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「センチュリースープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました