ピクシブ百科事典

フグ鯨

ふぐくじら

漫画『トリコ』の登場キャラクター。別名「ミジンコ鯨」。
目次[非表示]

概要

普段は深海に棲息しているが、10年に一度、産卵のため浅瀬に上がってくる孵化後、成魚(?)になるまでの3~4年を浅瀬で過ごし、体長6mに成長するが、深海に移動するとその体は50~60cmに圧縮される。この圧縮によって旨みと老廃物が凝縮され、凝縮された老廃物は袋になる。
毒の致死量は常人で0.2㎎、マウス10万匹を殺すとされている。
捕獲レベル29(毒化を無視した場合は1以下)。
ちなみに原種はグルメ界に生息しており、ブルーグリルでは普通に「少し高い魚」扱いで販売されている

トリコはココを誘い数年に一度産卵に現れるという「洞窟の砂浜」に向かい、これを捕獲するに至った。
余談だが、1コマだけ『世紀末リーダー伝たけし!』に登場する小次郎が混ざっている。

トリコリン結婚式においても、魚料理「オウガイのグリル」の付け合わせとして魚宝アナザサンサングラミーと共に刺身が出され、多くの客が舌鼓を打った。

調理

1匹3億円で取引されるほどの高級食材だが、生死に関わらず少しでも刺激を与えると毒袋が破れて致死性の毒が全身に回ってしまい(毒化)、食べられなくなる。毒化してもなお味は変わらないため、まさしく「死ぬほどうまい」食材である(裏ルートで毒化個体も1匹800万円で取引されているらしい)。
また、個体によって毒袋の位置が異なり、これを的確に見極めて捌かなければならない。
食技を身に着ける際には関門とされており、100%捌ける料理人は世界に10人しかいないらしい(第2部では増えた)。
毒袋を完全に取り除くと金色に光る。

肉を除く部位もまた絶品で、内臓は滋養強壮効果が大変強く、一口食えば10日は疲れ知らずだとか。
ヒレ酒は1杯で1週間ほろ酔いが続くほどの熱燗であり、背びれは毎日取っても3年続くほど濃厚な出汁が取れる。
には上質な脂が乗っており、熱すれば1年使いまわしても味落ちしないとして重宝される。もうなんなんだこの鯨

なお、毒料理の専門料理人タイラン「フグ鯨の乾燥毒袋」をフルコースに入れている
実在のフグの卵巣のぬか漬けのように、毒袋そのものを解毒して食べられるようにする技法があるのだろうか。

関連タグ

トリコ 特殊料理食材 フグ クジラ
食林寺 
ジダル王国ネルグ街:毒化したフグ鯨がその辺の屋台で売られている

pixivに投稿された作品 pixivで「フグ鯨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5551

コメント