ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

南洋のマングローブ群生林・バロン諸島に生息する、全長10mを超す8本のを持つワニ。赤い体だが、は緑色で不気味に輝いている。
一般的な捕獲レベルは5(を持った50人のハンターで仕留められる程度)とされており、捕獲は困難を極める。また、トリコが捕獲した個体はなんと300歳、その体躯は全長20m、体重12tにもおよび、捕獲レベルは8と推定された。

「殺さない限り死なない」とまで言わしめるほどの生命力を持ち、性格は極めて獰猛。その筋力は直径76mmの鉄筋割箸のようにへし折るとされ、バロンタイガー(捕獲レベル3。トリコが「猟銃で死ぬような奴じゃない」と発言している)を簡単に食い殺すほど貪食であり、海水にも適応できるので、野放しにしておくとたちまち生態系破壊するとまで言われている。
また、口の中には無数のバロンヒルと呼ばれるを住まわせており、その蛭が取り付いた相手をニオイで探しだし、食い殺す習性を持つ。いわゆる共生(相利共生)というものである。
怪力かつ俊敏で、戦車を使っても仕留めるのは難しいらしいが、トリコにはわりかしアッサリ倒された。

成熟した個体のは非常に美味で、小松に最初に依頼された際には1㎏あたり20万円の値がついていた。トリコによれば、「一番高い部位はkg単価50万」とのこと。
トリコとリン結婚式にもフルコース「肉料理」エンドマンモスステーキ宝石の肉と共に付け合わせで登場した。

なお、後にトリコが仕留めたのと別個体(やや小型)が、IGOのグルメコロシアムにてトロルコングと戦っていた。ゾンゲのフルコースのメインに入れられている。(但し子供の個体で捕獲レベルは不明だが1またはそれ以下と思われる)

余談

銀魂』442訓にはこいつのパロディである巨大なワニ、ララワニが登場したが、どういういきさつか神楽に食い殺されてだけになっていた。

関連項目

トリコ

関連記事

親記事

トリコに登場する生物一覧 とりこにとうじょうするせいぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガララワニ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガララワニ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27565

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました