ピクシブ百科事典

ビリオンバード

びりおんばーど

漫画『トリコ』に登場する鳥。
目次[非表示]

概要

かつて絶滅されたとされる繁殖力の非常に高い
その異常な繁殖力ととてつもなく永い寿命から「家畜の王様」「億年食える鳥」と呼ばれていた。サニー曰く「ブッサイク」な外見。

弱く飛ぶことができなかったために天敵が多く、種を残す手段として襲われるたびに無限にタマゴを産み落とすという手段を会得した。
その上身は捨てる部位が一切なく、また栄養も抜群。高タンパクで程よい脂質を持つは勿論のことながら、ビタミンやミネラルを豊富に含む羽毛野菜の代用品として、滋養強壮に良いは細かく砕いて穀物代わりに、スパイスにもなり、はタレにもスープにもなるという。

しかしここまで捕食者にとって都合のいい生態を有していながら、その全てが不味いという欠点を持っていた事で、そのうち誰からも見向きもされなくなり、襲われなくなったが為にタマゴを産むことも無くなって次第に絶滅していった。

IGO会長一龍の人生のフルコースはすべてがこの鳥を現代に蘇らせるために必要なもの、いわばビリオンバード飼育キットとなっていた。
トリコがこれらを揃え繁殖に成功させたことにより、本来なら市場価値は無いも同然の味ではあったが飢餓に悩まされていた大勢の群衆を救うこととなった。

いわゆるブサ可愛い外見と、食材としてのとてつもない有用性からコアな人気がある。

ビリオンバードの卵

は退化していたが、小松のある行動により偶然にも特殊調理が成立。最初に蘇生したビリオンバードが巨大な翼を生やし飛翔した。
ある行動とは、ビリオンバードに愛情を注いでやり、心から感謝すること。その際にそれに応えるかのように輝く特別な無精卵を産み落とす。

その中身は透き通ったプリンのような弾力を持ち、黄身が拡散して金粉を散りばめたような見た目をしている。最初は水飴のような、あるいは濃厚で甘いショウガ湯みたいな感じもあるが、飲むと口の中にスルリと入っていく。卵というよりはドリンクに近い喉越し。
ビリオンバードの持つ途方もない生命力を感じる美味さに、髪と睫毛が急速に成長して乙女チックな外見になってしまう。また、胃も心も洗濯されたようなすがすがしい気分を味わう。

その生卵は一龍の遺志を継ぐという意味も含めて、トリコの人生のフルコースのドリンクに選ばれる事となった。

関連項目

IGO

pixivに投稿された作品 pixivで「ビリオンバード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 479

コメント