ピクシブ百科事典

サンサングラミー

さんさんぐらみー

サンサングラミーとは、週刊少年漫画『トリコ』に登場する魚。
目次[非表示]

概要

一龍トリコグルメ界を攻略できるよう依頼した食材の一つ。水晶のように美しく透き通り、光り輝くため別名「クリスタルフィッシュ」と呼ばれる。

魚事態の捕獲レベルは1以下だが、世界三大瀑布の一つである超巨大な滝「デスフォール」の裏の洞窟に生息しており、デスフォールを越える場合のレベルは実に80を超す。その滝は毎分1兆リットルでかつ厚み1kmという膨大な水の流れで、ミサイルを何発撃っても通過できなかったりリーガルマンモス級の猛獣が押し潰されるほど激しい。
更に水中は滝壺の水が激しく対流して無数の渦潮が巻いており、滝の上の川は深さ1000mを越える激流。それが放射状に流れているので側面の岩を掘って進むこともできず、結局正面突破しないと滝の裏の洞窟に入ることはできない。

そしてサンサングラミーは特殊調理食材であり、全く天敵のいない洞窟内で恐怖とは無縁の状態で警戒心を持たずに生きているため、強い生物を目の当たりにするとショック死してしまい、味も一瞬で劣化してしまう(更にこいつの泳いでいるモルス油の中でしか活動できないようであり、捕獲を間違えても味落ちしてしまう)。
従って、デスフォールを越えられる強さとこの魚を生きたまま捕獲する事は矛盾しており、節乃を筆頭とした戦闘力の高い料理人では滝は越えられてもサンサングラミーを生け捕りにはできない。
作中ではトリコとサニーがデスフォールを攻略し、疲弊した二人に代わって戦闘力の無い小松が山の恵みが全て凝縮されている天然の油「モルス油」の中で活け締めの要領で(アニメでは優しく撫でる)ノッキングする事で捕獲に成功。
捕獲失敗の経験から、下手に手を加えても味落ちしてしまうと確信した小松はでモルス油でこの魚を素揚げし、三人で実食した。

表面はこんがりサクサク、まるで幾層にも重なったウロコの煎餅のようで中はしっとり肉厚でジューシー。弾力のある身から濃厚な旨みがじわっと溢れ出る。
味は強く濃厚だが、淡白な食感と味わいは残っておりメルクの星屑との相性は抜群。それをかけて食べるとグルメ細胞が進化した。

関連タグ

トリコ

一龍会長の依頼食材

オゾン草 メルクの星屑 メロウコーラ サンサングラミー メテオガーリック シャボンフルーツ 四獣

関連記事

親記事

トリコに登場する生物一覧 とりこにとうじょうするせいぶついちらん

兄弟記事

コメント