ピクシブ百科事典

メルクの星屑

めるくのほしくず

メルクの星屑とは、週刊少年漫画『トリコ』に登場する鉱物。
目次[非表示]

概要

一龍トリコグルメ界を攻略できるよう依頼した食材?の一つ。
トリコがアングラの森を訪れた後日、首領ドングリを捌こうとして誤って愛用の包丁を折ってしまった小松の為にも探すことになった。

当時トリコでも名前すら知らなかった食材であり、同名の研ぎ師の名を頼りにメルクの住むメルクマウンテンを訪れた。
二代目曰くメルクの星屑の正体は、初代が発見したこの世のあらゆる物質を研げる幻の砥石であった。
この砥石で硬度の高い素材を研いだときに出る金色の粉、これこそが新種のアミノ酸で構成された調味料となるという。
それは味わった事の無い極上の旨み成分を含んでおり、匂いの時点で食欲を刺激し一度食べると病みつきになる程の中毒性(麻薬食材ではない)を誇る。
しかし強すぎる旨味を持つが故に、宝石の肉並にインパクトのある食材にかけないと味を支配してしまう。

強烈な重力負荷がかかる洞窟「ヘビーホール」にて入手したこの砥石によって、小松の新たな包丁は完成。
調味料の粉は後にサニーと捕獲したサンサングラミーや、リンとトリコの結婚式で前菜のBBコーンにも使われた。

関連タグ

トリコ

一龍会長の依頼食材

オゾン草 メルクの星屑 メロウコーラ サンサングラミー メテオガーリック シャボンフルーツ 四獣

関連記事

親記事

トリコに登場する生物一覧 とりこにとうじょうするせいぶついちらん

兄弟記事

コメント