ピクシブ百科事典

ブルーニトロ

ぶるーにとろ

漫画『トリコ』に登場する知的生命体。
目次[非表示]

概要

トリコ』に登場する生物。支配階級の8人のニトロ。通常のニトロ(レッドニトロ)と違い口が縦に開くのが特徴。
体の色は青いわけではなく、こう呼ばれる理由は最終盤で明かされる。
太古に地球にやってきて、グルメ界の深部「ダイニングプラネット」に居を構える。
極めて高い調理の技術を備え、グルメ細胞悪魔でも最も反映した存在を名乗る、人間界でも「グルメ貴族」として伝承されている存在。

彼らは実は青い宇宙と呼ばれる並行世界の住人であった。
ブルーニトロは他のグルメ細胞の悪魔を使役することで惑星そのものを調理していたのだが、やがてそのうちの1匹であるネオ(後述)が逃走し、彼を追って赤い宇宙(トリコ達のいる世界)にやって来た。

その目的は、宇宙さえ滅ぼしかねない食欲の悪魔「ネオ」を金の缶詰に封印する事。
アカシアをして「誰も勝てんぞ」と言わしめる戦闘力を誇るが、八王や次郎、三虎などにはさすがに及ばない。
チチによれば、8人全員が束になればネオとそれなりに戦えるらしい。
GOD復活を機にネオ封印に取り掛かるものの、アカシア/ネオによって真っ先にエアが殺され、他のメンバーも完全覚醒を果たした次狼に大半が殺られてしまう。最終的にペアを除きすべて死滅してしまったが、ペアの台詞から察するに食霊として復活する可能性はあるらしい(ネオに食われたエア除く)。

メンバー

センター

真っ黒でトサカが目立つブルーニトロ。
センターを持ってきた途端にペアに「オレに殺されておけば復活のチャンスは0じゃなくなる」という酷い理由で暗殺される。

ペア

真っ赤なトサカとネックレス、スカートの様な装飾品が特徴の、トリコと小松ベジタブルスカイで接触した初めてのブルーニトロ。
長らく名前は判明しなかったが、第二部で判明した。理性的で、トリコ達をいいコンビだと評価していた。他のブルーとは違って独自の目的を持って活動している節がある。
過去のペア入手に失敗した際、サンドリアの花粉で死にかけていたアカシアと互いに捕食しあった事から他のメンバーよりも親しく、彼にGOD関連の情報を与えていた。
ブルーニトロ軍団唯一の存命者であり、トリコとリンの結婚式にも招待されていた。

アナザ

老婆のような容姿と口調のブルーニトロ(ニトロに性別は無く、みんな男言葉で話す)。
他のブルーニトロに命令を下している所から上下関係は上らしい。
地球に来た頃はまだ若く、粗暴な男口調だった。
次郎のギネスパンチで宇宙まで飛ばされ生死不明。

ニュース

他のメンバーの数倍という巨体を誇るブルーニトロ。
フルコースの調理中に覚醒したネオの一部に上半身を喰われたが、身に着けていた命玉のお陰で復活する。
倒されたブルーニトロの中では強い方で、次郎に二度に渡り吐血させる攻撃力を見せたが、次郎のエターナルノッキングを受け死亡。

GOD

ドレッドヘアーor真っ黒な奴のどちらか。
どちらも次郎に傷一つ付けられずに死亡。名前が泣くぞ。

エア

白いトサカのブルーニトロ。第一部で一龍を殺害した個体。体色や服装がペアに似ている。
一龍すらも追い詰めた三虎の技『ハングリースペース』を掻い潜って逃げおおせる程の実力を持つ。
第二部では、フルコースの調理で体力が消耗しきった所をネオと化したアカシアに喰われた

アース

ドレッドヘアーor真っ黒な奴のどちらか。
どちらも次郎に傷一つ付けられずに死亡。

アトム

アフロヘアーのブルーニトロ。
味仙人カカ変装してエリア7ではトリコ達と接触し、猿武を教えた。彼らに潜むグルメ細胞の悪魔がネオに通用する可能性を考慮していた模様。
ブルーニトロの中でもかなり好戦的で、八王相手に物おじせずに啖呵を切れる。猿王バンビーナの攻撃を受けても原形を保っていられる程の耐久力を持つ。
鉄平にウチューリップの球根をねじ込まれ生きながらにして苗床にされ死滅。

関連項目

トリコ 宇宙人
諸悪の根源 全ての元凶 だいたいこいつのせい

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーニトロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2036

コメント