ピクシブ百科事典

アカシア(トリコ)

あかしあ

アカシアとは、週刊少年漫画『トリコ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:田中秀幸

500年ほど前にこの世のあらゆる食材を「食破」し、「美食の」と謳われた伝説美食屋グルメ時代の象徴として、グルメ神社には彼の等身大のが祀られている。 コンビは「神の料理人フローゼ
自らが得たのいろはを後世に残すため一龍次郎三虎の三人を弟子に取っており、孤児だった三人からはフローゼと合わせて両親の如く慕われていた。
グルメクラゲとグルメ細胞の発見であり、また晩年には全ての食材の頂点に立つの食材「GOD」を発見し、当時100年以上にもわたって繰り広げられていた戦争を終結させた。
しかし、戦争を止めたGODが新たな戦争の引き金になることを危惧して、GODを含むフルコースを全て封印した。

プロフィール

年齢:不明
身長:不明
体重:不明
視力:不明
足のサイズ:不明
好きなもの:フローゼの作った料理
嫌いなもの:戦争
好きな言葉:冒険

フルコース

前菜センター(捕獲レベル測定不能)
スープペア(捕獲レベル6000)
魚料理アナザ(捕獲レベル7800)
肉料理ニュース(捕獲レベル6900)
主菜GOD(捕獲レベル10000)
サラダエア(捕獲レベル6200)
デザートアース(捕獲レベル6100)
ドリンクアトム(捕獲レベル7000)






真意

以下、グルメ界以降のネタバレ注意



































自身の中に巣食うグルメ細胞の悪魔『ネオ』に突き動かされるまま美味なる食材を求め続けたアカシアは、いつしかこの世の全ての食材を食べつくしてしまう。しかし内なるネオに囁かれる未だ知らない食材や味の存在を見せられ、その食欲に従って動き出す。

その目的は『最果ての地』と呼ばれる場所へたどり着くことであり、GODを各国の為政者に分け与え戦争を終わらせたのも、神の味で権力者や金持ちを魅了し、その子孫から大量の資金を集めるためだった。

そうして結成された組織NEOはIGO、美食會の争いの裏で暗躍し、多額の資金や情報を集め続けていた。
食運と調理術に長けた料理人を必要としたアカシアにとってフローゼの死は誤算だったが、三虎にわざと癒水の湧き出る場所を探らせる事で彼女を蘇らせようとするも、ネオの存在を恐れたフローゼは蘇ることを拒否し、空いた肉体に入り込んだジョアと手を組んだ。

ブルーニトロがネオを封印するために、四獣などを使い人間を攫い、アカシアのフルコースを調理するの肥料として使う。料理途中でアカシアが目覚め、エアを喰い殺し、裏世界に逃走する。逃走先で猛獣たちを頬張るところ、ドン・スライムと交戦し、力を使い切ったスライムを絶望させて捕食。その後、ペアの要求で最果ての厨房に戻り、次郎を殺害する。

GOD出現後、それを食べるために出現し、激戦の果てにGODとセンターを食べネオを復活させたが、アカシアがブルーニトロを裏切り、ネオを取り込む。彼の口から話された真実であきらかになったのは、神聖視されていた彼の姿とは程遠い、まさに吐き気を催す邪悪と評すべきアカシアの本性であった。彼の本性を知ったトリコからは「グルメエゴイスト」「キモいB級美食屋」呼ばわりされた。

単体での捕獲レベルは8000で、八王と互角以上に渡り合える。ネオを取り込んだ後の捕獲レベルは30000と桁違いな強さを誇る。







※この先、更なるネタバレ

 







そして四天王、スタージュン、八王に致命傷を与え、互角に戦っていた三虎をも追い詰め始めるも、スタージュンの食運によってGODとセンターを食べて赤鬼を取り込み、さらにブルーニトロのペアによるテイストチェンジによりネオの苦手な味である「怒り」の感情を浮き立たされたトリコにより逆に追い詰められ、トリコの「怒りのフルコース」を全て受けてしまう。
悪あがきに全ての食運を食らおうするも、パンク寸前になる。そしてトリコに攻撃するも、その瞬間出てきたトリコの3匹目の鬼に「食べ過ぎ」「もう決着はついている」と言われ、等々倒された。

その後、今まで取ってきた悪行やあくどい言動の数々は、ネオに怒りの味を食べさせ今まで食べてきたもの全てを吐き出させるためにトリコたちの怒りを刺激する必要があるがゆえに行ってきた演技であったことが明らかになった。
約500年前、アカシアは自分の食欲の謎を解き明かそうとしているうちに、ネオがストレスを受ける味が「怒り」である事が判明し、それをペアに伝えた。アカシアはネオが取り込んだ「青の食材」やぺアの同胞を助けようとしていたのだ。

しかし、苦手な味が判明したのはいいものの、そこで行き詰ってしまい、ついには最果ての地へ行くことを考え始める。その後アカシアは一龍に対し、渾身の怒りを込めて自分を殺す様に頼むも、一龍はそれができなかった。
アカシアは最期にトリコに向け「ネオを、食欲をよろしく頼む」と言い残し、息絶えた。



実はトリコとスタージュンの父親である。


関連タグ

トリコ ネオ 一龍 二狼 三虎
フローゼ 節乃 ネオ

pixivに投稿された作品 pixivで「アカシア(トリコ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3027

コメント