ピクシブ百科事典

スカフォニクス

すかふぉにくす

爬虫綱リンコサウルス目リンコサウルス科に属し、中生代三畳紀後期の南アメリカに棲息した植物食爬虫類の1つである。
目次[非表示]

概要

リンコサウルス類と呼ばれる爬虫類の仲間である。
学名の意味は「カヌーの鉤爪」。
全長1~3m。
食べ物は植物等。

特徴

リンコサウルス類の中でも最も進化したスカフォニクスの頭骨は幅が広く、三角形をしていた。幅の広い頭骨には、強靭な筋肉が付いていたと考えられる。を閉じると下顎は上顎にしっかりと収まる。最も初期に現れた恐竜ヘレラサウルス」の肋骨辺りにこのスカフォニクスの幼体化石が発見され、当時、ヘレラサウルスなどの恐竜に捕食されていたことを物語っている。

関連タグ

爬虫類 主竜類 リンコサウルス類
ヒペロダペドン

コメント