2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

化石はブラジルナミビアで見つかっている。属名は、最初に化石を発見したドイツの地質学者ルドルフ・シュターレッカーに由来する。
ディキノドン類の一種だが、近縁種と異なり犬歯がなく、角質の嘴は先が鈍くなっていた。これらの特徴からカンネメエリア科とは別のスターレッケリア科という独自のグループに分類されており、近縁種には三畳紀後期に棲息したイスチグアラスティア等が挙げられる。

体長4mに達し、ディキノドン類の中でもかなり大型の部類である。また、その特徴的な口から、現生のシロサイと同様な食性で、他のディキノドン類とは異なる食性で共存していたと考えられている。

関連タグ

単弓類 ディキノドン類 スターレッケリア科

関連記事

親記事

スターレッケリア科 すたーれっけりあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました