ピクシブ百科事典

スペースヨーコ

いいかげんふつうのふくをきてください

『天元突破グレンラガン』第4部に登場する「スペースルック」コスチュームのヨーコ・リットナーのこと。 また、今石監督は「コスモルック」と呼称しているようである。
目次[非表示]

概要

 最後の敵との決戦に赴く際のヨーコ・リットナーの通称。
 成熟してますます肉感的になっているその体を形のニプレスチューブトップを組み合わせた物と凄まじいハイレグの白いズボン(劇場版に至ってはビキニパンツのみ)で覆っており、子供時代より更にヤバい衣装になっている(因みに放送時間はの8時半でした。)。
 ほぼ同然の衣装の上からは白い肩掛け(マント)を着用している。ブーツの丈は2部より更に伸び、ムッチムチの太腿まで覆っているサイハイブーツになった。絶対領域には何か本人なりのこだわりがあるのだろうか。
投稿されるイラストによっては、ヨーコのプロポーションを含め衣装にも様々なアレンジが加えられており、本記事メイン画像では 髪飾りドクロに着用している。

テレビシリーズ

 3部の最後に披露された際は、その途轍もない破壊力でキタンと視聴者の度肝を抜いた。
4部では大グレン団の仲間が次々と散っていく中、スペースダヤッカイザーで奮戦した。
久々の復帰という事も相まって、激しい戦闘の最中狙撃やミサイル斉射の際は、巨大に成長したバストを揺らしまくっている。
(DVD第9巻オーディオコメンタリーにおいても「何があっても乳は揺らすのねヨーコさん」、「(乳の)裏側って中々見る機会ないですよね」とスタッフからも発言が有った。)

劇場版

 劇場版になってもその破壊力は健在である。
スペースルックが本来のデザインに戻った事で太腿が露出、布面積が一気に減少した。
 脚本/シリーズ構成を担当された中島かずき氏の、DVDオーディオコメンタリーにおける設定(公式設定であるかは不明)では、旧地球螺旋族旗艦であったカテドラル・ラゼンガン(超銀河グレンラガン)に搭載されたAIが、ヨーコに最も似合う衣装として選択したものであるとの事。
 映画化に合わせサービスシーンが増量されており、劇場版でのスペースルック初登場シーンでも、見事な乳揺れを披露している。
その際照れたキタンは、大グレン団のメンバーに「やっぱ、お前(ヨーコ)のおっぱいが無えと大グレン団とは言えねえよな? なあみんな!」と語りかけ、大グレン団のメンバーも力強く「おう!!」と返した。
今石監督も如何にヨーコをじっくり見せるか、相当の拘りを以って劇場版を制作したそうである。

 劇場版では紅蓮篇に引き続きスペースダヤッカイザーに代わり専用ガンメン「ヨーコMタンク」、「スペースヨーコWタンク」に搭乗し大グレン団の仲間と共に戦う。

因みに専用ガンメンの名称「ヨーコMタンク」の「M」は「ミルク」、つまり「ミルクタンク」=「おっぱい」である。
そして「スペースヨーコWタンク」の「W」は「ヨーコのおっぱいのかたちをイメージしたもの」との事。


関連イラスト

よーこ
スペースルックヨーコさん


左がTV版、右が劇場版。
なお、公式では下乳は見えない。

センシティブな作品


ちなみに監督のインタビューによると初期デザインでは上半身がチューブトップではなくニプレス状だったが、放送時間を考えて没になったらしい。

関連項目

天元突破グレンラガン スペースルック エロ衣装

関連記事

親記事

ヨーコ・リットナー よーこりっとなー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スペースヨーコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 440027

コメント