ピクシブ百科事典

ゼレーニン

ぜれーにん

ゼレーニンとは、「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:甲斐田裕子ドラマCD坂本真綾(DEEP STRANGE JOURNEY)

概要

ロシア出身の物理学者で、3号艦「エルブス号」に搭乗している金髪碧眼の女性科学調査士官である。
規律を重んじる性格で、作中粗暴さが顕著なヒメネスとはたびたび衝突している。
なおロシア人だがアメリカに移住済のため、名字は女性形「ゼレーニナ」ではなく「ゼレーニン」である。

「エルブス号」がセクター・ボーティーズの悪魔達に襲われて、他のクルー共々囚われの身となり、おぞましい悪魔達の実験の犠牲になるところを危うく助け出された。
元々潔癖症の気があり、そのこともあって極端な悪魔嫌いとなる。セクター・ボーティーズから脱出の手引きをしてくれた大天使マンセマットに惹かれ、その思想に傾倒するようになる。

上述の科学調査士官として観測班を担当し、シュバルバース探索の際は量子トンネルの位置探査等の科学分野からの調査を行っている。科学者出身であるのと悪魔嫌いから戦力面では頼りないところはあるが、デルファイナス奇症の治療法を発見するためにセクターをまたいで主人公と探索を行う芯の強さを持ち、セクター間の移動やバニシング・ポイント発見も彼女の力によるところが大きく、調査隊随一の優秀なクルーである。

以下、本編の重大なネタバレ




























審判者ゼレーニン

ボエ~♪(ネタバレ注意)


セクター・デルファイナスにおける魔王アスラが説いた混沌の世界のことや、ジャック部隊との接触・交戦、いつ終わるとも知れないシュバルバースの旅によるクルー間の争いを通してゼレーニンは人類の力に対して強い疑問を抱いていく。
ゼレーニンはセクター・グルースにおいてマンセマットの言った『人の心を導く術』に対して関心を寄せ、直後のジャック部隊再蜂起でマンセマットに力を借りることを提案する。ゼレーニンに対してマンセマットはあらゆる人間の持つ苦しみを消す“天使の歌唱”を挙げ、彼女は現在の人間を導く“歌唱機”として天使に変容することを受け入れ、歌唱の力を得たゼレーニンは瞬く間にジャック部隊を鎮圧する。
そして、ゼレーニンはマーヤー撃破後に現れた三賢人の言葉に呼応してゼレーニンは神の導きに従う道を選びレッドスプライト号を下りていく。

LAWルート
レッドスプライト号に残留したクルーを歌唱によって従えたゼレーニンは主人公と共に4つの宇宙卵を集め、最後のエキゾチック物質を求めメムアレフに決戦を挑む。大地人ヒメネスを倒し、ホロロジウム最下層に到達した主人公にゼレーニンは歌唱の力でメムアレフの姿を捉えさせ撃破に成功する。
マンセマットの祝福の言葉の中、主人公の手によってバニシングポイントから放たれた光と秩序のエネルギーによって地上から悪魔と神の世界に相応しくない人間は排除され、ゼレーニンは神への歌唱の中心で不朽の存在として立ち続ける。

NEUTRALルート
ゼレーニンはボーティーズの地において、ゴア隊長が命を賭して残した“プラン・オメガ”のシュバルツバースを消滅させるための破壊爆弾の材料─4号艦ギガンティック号に搭載された核弾頭─を巡って主人公と死闘を繰り広げる。
激戦の果てに主人公に敗れたゼレーニンは、己の死よりも神の意思に答えられぬことのみを悔いて消滅する。直後に現れたマンセマットは、天使となり同輩となったはずのゼレーニンの仇を討つことすらせず『次の時を待つ』という言葉のみを残してシュバルバースの騒乱より手を引く。

CHAOSルート
ヒメネスと悪魔の手によってレッドスプライト号に残留したクルーは原初の生命と自由の力に染まる。
メムアレフと会見した主人公は、宇宙卵の収集と本性を現したマンセマットの撃破に成功し、最後のエキゾチック物質を得る。
エリダヌスのバニシング・ポイントにおいて、主人公たちの目的を阻まんとゼレーニンは“聖柱”となって最後の戦いを挑む。
ヒメネスは天使の歌唱を打ち消し、主人公と仲魔たちの力によって打倒されたゼレーニンと天使たちを『自らに価値を持たない奴ら』と唾棄し、新たな世界へ向かった。


関連イラスト

Lucent
Lルートの大天使


関連タグ

真・女神転生 ストレンジジャーニー
餃子 ほたて

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼレーニン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50953

コメント