2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

チリにあるジュラ紀後期の地層・トキ層から2004年に発見され、2015年にチレサウルス・ディエゴスアレジと命名された。属名は「チリ産のトカゲ」を意味し、種小名は化石を発見した当時7歳のディエゴ・スアレズに由来する(なおディエゴ少年の両親は地質学者で、チレサウルスの命名者に名を連ねている)。

現在見つかっている化石は亜成体のもので全長1.6メートルほどだが、成体は2~3メートルに達し、歯や顎の構造から植物食だったと考えられている。また、前肢はティラノサウルス科のように二本指となっていた。

しかしながら分類は2022年現在、恐竜であること以外は謎に包まれている。
植物食傾向を示しながら獣脚類的な歯列、鳥盤類的な大腸を収容するためのスペースが設けられた骨盤や後ろ向きの恥骨、基盤的な竜脚形類のものと類似した前肢など、様々な恐竜に似た特徴を併せ持っており、分類は現時点でも不明である。
当初は基盤的な堅尾類として記載されたが、2017年には基盤鳥盤類と解析され鳥盤類は竜脚形類より密接に獣脚類と関連しているとする論文が出された。一方、2018年には基盤竜脚形類という解析結果が出たが、のちに鳥盤類説に同意している。
2022年には、最初の研究の系統解析に用いられた恐竜の種類の選択が作為的すぎるとする指摘がなされており、基盤堅尾類とする研究はさらに疑わしくなっている。

関連タグ

恐竜 獣脚類 鳥盤類

関連記事

親記事

恐竜 きょうりゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 705

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました