ピクシブ百科事典

デストロモン

ですとろもん

『デジタルモンスター』のシリーズ作品、『デジモンワールド3』に登場したデジモンの一種。
目次[非表示]

概要

レベル不明
タイプ不明
属性不明
必殺技不明


2002年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト『デジモンワールド3 新たなる冒険の扉』に登場したデジモン

ストーリー中盤、犯罪組織「A.o.A.」によって乗っ取られた世界最強の戦艦「ジャガーノート」。
ベムモンがそのジャガーノートとフュージョナイズ(合体)してデジモン化した姿が、このデストロモンである。
人工デジモンであるベムモンが人工物と合体することで生まれたデジモンであり、リアライズ(実体化)なしで現実世界に存在する特異なデジモン。
戦艦をアーマーとして纏った怪獣のような姿をしており、大きな爪や、戦艦由来の巨大な大砲などの多くの武装を持つ。
元は戦艦だが飛行能力を持ち、その移動力と破壊力で現実世界に大きな被害と恐怖をもたらした。

デストロモンによる侵攻は現実世界で行われており、ネット世界にいる主人公には手出しすることすら出来ず、直接戦うことはない。デストロモンが誕生してから破壊されるまで、現実世界侵攻の様子が度々ムービーで描かれる。
また、オープニングでも登場している。

ジャガーノートを保管している施設である海底基地マガスタがA.o.A.に乗っ取られたことを知った主人公は、その発進を阻止するため、ネット世界から現実世界にリアライズ(実体化)して基地に乗り込むが、失敗。ジャガーノートは発進してしまう。
主人公達がネット世界の中で次の手を模索する中、ジャガーノートのネットワークにベムモンが転送されたとの報せが入る。

一方、現実世界ではジャガーノートの侵攻が始まっており、海上では空軍・海軍がそれを阻止するために出動していた。
相手が世界最強の戦艦ということもあり夥しい数の戦艦・戦闘機が攻撃しており、その数の差には流石のジャガーノートも対抗できず沈みかかっていたが、ベムモンがジャガーノートと一体化しデストロモンへと進化すると状況は一変。
出動していた軍は戦艦ジャガーノートの武装を生き物のように操るデストロモンに対し成す術もなく、あっという間に全滅してしまった。

邪魔がなくなったデストロモンはそのまま国に上陸、海岸沿いの発電所や工場を次々と破壊する。
そして今度は人々が暮らす街を攻撃…というところで、ネット世界で動いていた主人公達が、ジャガーノート運用の権限を任されていたマガミ社(ゲームの舞台であるデジモン・オンラインを運営している会社。A.o.A.の所有企業)の社長を捕まえたことで、ジャガーノートは停止。デストロモンも破壊された。

そしてこのジャガーノート乗っ取りとデストロモン誕生も、A.o.A.にとっては軍事衛星ガンスリンガーの入手とスナッチモンを生み出すという目的を果たすための単なる目眩しでしかなく、後に主人公はより強大な存在と戦うことになる。

余談

設定画では「ジャガーノモン」と呼ばれており、完全体と記されている。
明らかに究極体クラスかそれ以上の能力を持っているのだが、より上の存在であるラグナモンがいるため、ベムモンの進化系として考えた場合の位置付けはここなのだろう。

関連デジモン

ベムモン
スナッチモン
ラグナモン

関連イラスト

ラグナモン・デストロモン・スナッチモン


(デザインを行なった歩き目です氏による設定画、デストロモンは4、5枚目)

関連タグ

デジモン デジタルモンスター 人工デジモン デジモンワールド3

関連記事

親記事

ベムモン べむもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デストロモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント