ピクシブ百科事典

データレコーダ

でーたれこーだ

かつて使用されていた周辺機器の一つ。CMTインタフェース、即ちオーディオ用カセットテープにデータを記録するために特化し、コンピュータ本体との連携機能を有したカセットテープレコーダ。

データレコーダとは、かつて使用されていたパソコン周辺機器である。

概要

1970~1980年代は現代のようにフロッピーディスクハードディスクが安価で使用することが出来ず、このためビジネス用途はともかく、ホビー用途では比較的廉価、かつ比較的大容量なメディアとしてオーディオ用カセットテープに、変調した音声の形でデータを保存するCMTインタフェースがよく使用されていた。

CMTインタフェースの"ドライブ”として使用可能なものは、一般的なカセットテープレコーダーが多かったが、中には本体から制御可能な制御信号用端子も有し、CMTインタフェースのドライブとして使用することに特化した機種が存在した。これがデータレコーダである。

当然ながら、フロッピーディスクの低価格化と普及に伴ってCMTインタフェースの使用頻度は落ち、それに伴ってデータレコーダの需要も終了した。

関連タグ

レトロPC
データレコーダー - 表記ゆれ

pixivに投稿された作品 pixivで「データレコーダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79

コメント