ピクシブ百科事典

ドゥバン・オーグ

どぅばんおーぐ

ドゥバン・オーグとは、リアルロボットレジメントの登場人物である。(メイン画像左の男性)

CV:鳥海浩輔

概要

エンジ・オヅヌによって作られた人造人間「イデアラント」の一人。
アリエイル・オーグより先に作られており、彼女の兄のような存在だが、表情を表に出さないアリエイルとは違い、人間と同じように豊かな感情を持っている。
アレス・ガイストに搭乗し、妹であるアリエイルと敵対する。

原典であるリアルロボットレジメントに於いては、自分が3年しか生きられないことを知ったドゥバンは世界を支配することを目論むようになり、オヅヌ博士を殺害しイデアラント研究所を破壊、世界各地を動きまわりながらチャンスをうかがい、デビルガンダムを手に入れた事で全地球人に降伏勧告をするが、スーパーロボット軍団に阻止され、デビルガンダムも破壊されてしまう。
その後、アレス・ガイストで最後の勝負を仕掛け、スーパーロボット軍団を亡き者にしようとするが、アリエイルのフリッケライ・ガイストの攻撃によって失敗に終わり、アリエイルとともにギアナ高地に飛ばされた。

第2次スーパーロボット大戦OGでは、ガイアセイバーズの部隊の一つであるベータ・セイバーの隊長として登場しており、アインスト・アルフィミィペルゼイン・リヒカイトに目を付けてアレス・ガイストに取り込んだ。
取り込んだ後も鋼龍戦隊と交戦していたが、エルデ・ミッテからドゥバンの命が3年しか持たないことを聞かされてからは焦り始め、ガイアセイバーズを裏切ってエルデと共に行動するようになった。
そして、ペルフェクティオを倒した鋼龍戦隊の前に現れて最後の勝負を仕掛けるも力及ばず、敗北を喫する。
敗北したドゥバンは最後の手段としてクロスゲートの力を使おうとするもアレス・ガイストの暴走によってペルゼイン・リヒカイトとアルフィミィが中から抜けだしてしまい、最期はAI1に変貌したガルベルスに取り込まれて死亡した。

…と、思われていたが、実は生きており、続編のムーン・デュエラーズにてアレス・ガイストが変貌したエントリヒ・ガイストの中で生き続けていた事が判明した。
暴走するエントリヒを抑える事が出来ず、表に出ぬままダークブレインの配下らにダークブレインの新たな器として利用する目的で拉致されていたが、条件を満たせば最終話にて制御を取り戻し、自軍に参戦する。
最終話の戦い以降はアリエイル共々、延命のためコールドスリープに入った模様である。

ちなみに、搭乗機であるアレス・ガイストの武装に某ひみつ道具と全く同じ名前のものがある事から、一部のファンからは「ドゥバえもん」と呼ばれている。


関連項目

リアルロボットレジメント 第2次スーパーロボット大戦OG スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ
アリエイル・オーグ イデアラント
ガイアセイバーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ドゥバン・オーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3321

コメント