ピクシブ百科事典

ドラゴン騎士団

どらごんきしだん

押上美猫原作の漫画
目次[非表示]

『ドラゴン騎士団』(ドラゴンきしだん)は、押上美猫による代表作で、ファンタジー漫画にあたる。1990年から2007年4月(6月号)まで「月刊ウィングス」(新書館)で連載されていた。途中、1994年から1997年までにドラマCDも発売された。2008年9月までに単行本全26巻+外伝1巻、文庫本13巻が発売されている。

本書終了後、五百年後を舞台とする続編「祝福の黒と破滅の白_ドラゴン騎士団Ⅱ」が月刊ウィングス2014年2月号より開始され、現在はウェブマガジン ウィングスに移り連載中となっており、2016年09月までに単行本2巻が発売されている。

ストーリー

竜帝に仕えるラス・イリューザールーン(ドラゴン騎士団)ザッツの3人の竜騎士
敵将ナディルを討ち、竜都へと戻る途中だったが…。という書き出しで話が進む。
本書の構成は、2006年段階では、
大きく本篇、竜都篇、秘宝篇、怪魚篇、風竜篇、胎動篇、復活篇、異界篇に分けられる。
著者によると各篇に巧妙緻密な伏線が張り巡らされているという。

本篇 … ラスたちドラゴン騎士団一行が、
首尾よくナディル(ドラゴン騎士団)の首を取り、寄り道をしながら竜都に向かう話。
主人公であるラス、ルーン、ザッツ、セシアが一通り解説される部分である。
竜都篇ドラゴン騎士団と竜帝・竜族との関係から、
魔族の策動による世界異変の序曲まで。
竜帝、竜族と世界の構造が一通り解説される話である。
以下、ラス、ルーン、ザッツに分かれて展開する。
秘宝篇 … ザッツが昔の盗賊仲間・キチェルと西の大陸で秘宝探索の旅に出る説話。
東の大陸と西の大陸の存在が明らかとなるとともに、物語の核心部分が徐々に明らかになる。
怪魚篇 … ルーンが精霊族の極度な衰亡を探索すべく旅に出る説話。
風竜篇 … ラスとセシアが風竜を探して旅に出る説話。
胎動篇~復活篇 … 魔族の胎動と魔王ナディルの復活とが描かれる。
著者によると復活篇は「怒濤の謎解き」であるとされる。
異界篇 … ドラゴン騎士団がナディルの住む異界カイナルディアに乗り込み、
ナディルと対峙する話。

本作は執筆期間の長期化に伴い、著者自ら当初の推進計画が「玉砕」した旨を告白している。試みに単行本20巻の「まいらいふ」(巻末部分)に指摘された所の、
著者による1991年段階のプロットには、
本来は以下のような基本骨格であったことが例示されている。
1巻……本篇
2巻……本篇、外伝1・2・3
3巻……竜都篇
4巻……竜都篇
5巻……秘宝篇
6巻……怪魚篇
7巻……風竜篇
8巻……復活篇、外伝4、異界篇
9巻……異界篇2
10巻……異界篇2、終章

関連タグ

漫画 押上美猫 新書館

外部リンク

Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴン騎士団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19922

コメント