ピクシブ百科事典

ドレッドパイク

どれっどぱいく

高速ハンティングアクションゲーム『ゴッドイーター2』に登場する小型アラガミ。
目次[非表示]

概要

甲虫に似た姿を持ち、基本的に群れで行動する小型アラガミ。画像は擬人化されたもの。
甲殻は高い硬度を持つが、移動速度は早くない。
頭部の角が最大にして唯一の武器であり、それを叩きつけて攻撃してくる。

強さ

一言で言うと最弱候補の一角である。
ズリズリと後退して力を溜めてからの体当たりという、非常に分かりやすい予備動作のある攻撃しか出来ない為、初心者が近接アクション操作に慣れるには最適の相手となっている。
移動すら出来ず遠隔攻撃しかしないナイトホロウとどっちが弱いか、と聞かれれば恐らく多くのプレイヤーが悩むことだろう。

輝く場所

上に上げた用に初心者向けの道場になってくれるドレッドパイクだが、初心者を脱却したユーザーからも忘れられたりはしていない。

ゴッドイーター2難易度7の高難度任務では「ナイトホロウとドレッドパイクが少数しか出ないが、報酬がやたら高いミッション」が存在し、資金繰りとコア素材確保に悩むユーザーを大いに助ける事となった。
ゴッドイーター2では、アラガミのコア素材を複数合成した「複合コア」が装備強化に必須(レイジバーストで廃止)であり、更に強化レベルに応じてどんどん高位複合コアが必要になる。それを手に入れるためには強敵のコア素材が幾つも必要だったのだが、ここのドレッドパイクから「高密度」「超高密度」「極密度」という上位複合コア上から三つに使えるコア素材が手に入る。

使い勝手のいいコア素材と高い報酬目当てに、多くのプレイヤーが虫狩りに勤しんだのは言うまでもない。

関連

ナイトホロウ - ドレッドパイクと対をなす最弱候補。
雑魚  
サンドバッグ 道場

関連記事

親記事

アラガミ あらがみ

兄弟記事

コメント