ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ネオピグマ

ねおぴぐま

「ヤスエダ-YASUEDA」氏がYouTubeにて公開中のマインクラフトアニメ「仮面ライダーマイゼン」に登場する組織。
目次 [非表示]

概要編集

「ヤスエダ-YASUEDA」氏がYouTubeにて公開中のマインクラフトアニメ「仮面ライダーマイゼン」のSEASON2に登場する敵組織。

ネザーワールドで活動する悪の組織で、人間たちに強い憎しみを持ったピグリンゾンビピグリンで構成されている。

オーバーワールドでたまたま生まれたゾンビピグリンが超襲撃社の本社に残されていた各種データを入手、これを持ち込まれたことでモブカードバグマンチェンジャーに関する技術を獲得。

オーバーワールドに侵攻の手を伸ばし、仮面ライダー達と激突することになった。


構成員編集

戦闘員に至るまで全てがピグリンかゾンビピグリンによって構成されている。

  • リーダー

本拠地で指令を出している黒いゾンピピグリン。演説台の上に座って足を組んでおり、真意は伺い知れない。

電撃を放つ能力を持ち、作戦を失敗した部下に制裁を加えることもあるが、同時に挽回のチャンスを与えるなど冷酷ながら合理的。


  • 幹部たち

青、濃紺のゾンビピグリンと、黒、灰色のピグリンたちが該当。

このうち黒い個体は第4話でキメラバグマンに変身していたが、作戦失敗により青個体によってビルの上から殴り飛ばされ処刑されている。


  • 戦闘員

剣を持ち兜で武装したゾンビピグリンたち。リーダーの護衛を務めている者もいる。


  • ゾンビピグリン

オーバーワールド生まれの個体で、超襲撃社のデータを持ち込んだ張本人。

その功績で幹部に近い待遇を受けていたが、第5話でマイゼン達に倒された後、処刑されそうになったところをすまない先生によってカード化されることで免れ、まいぜんシスターズの家に匿われることになった。


関連タグ編集

仮面ライダーマイゼン

超襲撃社:バグマン絡みの技術の流出元。

関連記事

親記事

仮面ライダーマイゼン かめんらいだーまいぜん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました