ピクシブ百科事典

概要

鼻先の長いネズミ(トガリネズミ)のような姿をした小型の哺乳類で、大きさ15センチくらい。
名前の意味は「島の殺し屋」という物騒極まりないものだが、主に昆虫などを食べていたようだ。
 
一応モグラの遠い親戚にあたるようだが、近縁な種類がいないくらい独自の進化を遂げた生物だったという。
 
1930年代頃に絶滅したとされ、詳細な研究が行われる前に絶滅したため不明な点が多い。
しかし絶滅種とされていたのが普通に再発見されたソレノドンという例もあるため、発見されていないだけで生き延びている可能性も低くはないと見られている。

関連記事

モグラ
ハリネズミ
トガリネズミ

関連記事

親記事

モグラ もぐら

兄弟記事

コメント