ピクシブ百科事典

ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダ

はいりゅーんいぇあそむーるじぇだ

ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダとは、同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』の外伝に登場する人物。
目次[非表示]

概要

本記事はネタバレを含みます。





























ひぐらしのなく頃に解』の登場人物である羽入の正体とされている人物。
作中においては羽入と同一の姿で描写されている。

ひぐらしのなく頃に絆の言祝し編によると、本名はハィ=リューン・イェアソムール・ジェダであり、
パラレルワールドからこの次元の壁を越えて世界を流浪する民『リューンの民』という異世界人の一人。

人間とは異なる存在と思われ、頭部の角は『リューンの民』の特徴。普通の生物とは違って肉体精神が『幼児退行』していくことで老化する。
何らかのトラブル(詳細不明)により、仲間が肉体を失い精神生命体となる中、唯一肉体を持ったままで
『この世界』にやって来た。「純血」と呼ばれる一人であり、暴走して人を襲う「混血(リューンの民の精神体が人間に憑依したもの)」を討伐することを役割として各地を放浪していた。
の角」」は「リューンの民」の特徴であり、「リューンの民」はこの世界の人間とは違い、老化しない代わりに徐々に肉体や精神の構造が単純化、つまり退行して「死」に至るという(現在の羽入が少女の姿であるのはそのため)。
あるとき、鬼ヶ淵村で古手陸と出会い(過去に鬼ヶ淵村で「混血」を討伐した際に救った赤子が陸であり、
正確には再会なのだが最初はお互いに初対面だと思っていた。)
羽入という名は、出会った際に本名は呼び易いということで陸が名づけたもの、ひょんなことから古手家に居候することになった羽入は、陸と暮らすうちに彼に惹かれ結婚。
娘の桜花を儲け、幸せな家庭を築き暮らしていたが、ある事件により陸は死亡、羽入も普通の人間には
知覚できない状態になってしまう。成長したの桜花だけは唯一羽入を知覚することができたため、羽入は桜花に自分が母親である事は伏せ、友人として影から見守っていた。

ところがある時、村に蔓延した疫病を治すために桜花が羽入に疫病のを作ってもらったことで、薬を戦の道具として使おうとした領主や疫病の薬による金儲けを目当てとした村人の一部が暴走し、桜花は酷い
拷問を受ける。
それを見た羽入は激怒し我を忘れて次々と村人を殺していくも、鬼である羽入を止められるのは鬼の血を引く自分だけと考えた桜花に止められて自我を取り戻す。
そして、惨劇の原因と罪を暴走した村人や領主ではなく自分という「鬼」に背負わせるよう伝え、桜花に
自分を討たせた。

『言祝し編』の物語は、古手神社に安置されている古文書の一つを読み解いたものであり、本当に羽入の正体がそのような人物なのか、そもそも物語の内容が真実なのか自体明言はされていない。
作品としても、当該作品のストーリーは原作にて明かされた設定を元に、オリジナルシナリオを担当しているシナリオライターが考案した物である為、公式の設定であるかどうかは不明である。

関連イラスト

親子
羽入



関連タグ

ひぐらしのなく頃に解
羽入 羽乳
古手陸 古手桜花

pixivに投稿された作品 pixivで「ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33706

コメント