ピクシブ百科事典

バトレール

ばとれーる

バトレールとは、タカラトミーが販売する玩具「プラレール」を使った特殊な遊び。 0601yukata氏がyotubeとニコニコ動画に動画を上げたのが始まり。 普通の遊びとは違うので、子供(特に小さい子供)は見ない事をお勧めする。 なお、正式名称は「どんどんぶつかるぼくらのバトレール」 (英語名は「THE FIGHTING PLARAIL」)
目次[非表示]

バトレール誕生

2007年9月22日15時24分。ニコニコ動画にバトレールが初めてアップロードされた。
以下、その動画の説明欄の内容である。

「プラレールで遊んでみた」シリーズ様に触発され動画を作るも、いいタイトルが思い浮かばず「バトレール」と名付けて見ました。軽さ重視で画質相当落ちてますが。そのうち真面目な鉄道のレイアウトも組んでみたいかな・・・・

この文の1行目を見ると、バトレールにもモデルがあったことが分かる。
2行目にある「軽さ重視で画質相当落ちてますが。」についてだが、この頃は画質が非常に悪かった。
ただ、現在ではyoutube版でもニコニコ動画版でも画質が非常に良くなっている。

先ほど特殊な遊びと記したが、具体的には次のような内容である。

1.プラレール同士を正面衝突するように列車を走らせ、
ぶつけてどちらかが押し倒せれば、押し倒した車両の勝になる。(引き分けの場合もある)
主に上り坂ないし下り坂や高架上のカーブが多い。また、車両も新幹線及び特急で全面が角ばってない車両の使用を推奨する。(通勤型や機関車は圧倒的有利さと決まらないため)
(競技名:正面衝突バトル)
2.プラレールを高いとこから落下させ、
落下先を走っているプラレールにアタックする。(競技名:タワークラッシュ)
ボディへのダメージがすごく大きいのでやるときは気を付けるべし。なお、「プラレールウォーズ!」にて東武8000系が大破してしまう事故が過去に発生している。
3.自動ポイントレールを使って車両を走らせて、最後まで生き延びた車両の勝ち。
最初は自動ポイントのみだったが、だんだん自動ターンアウトレールの使用やら複数のポイント仕様でさらにコースは複雑化していった。
(競技名:バトルロワイヤル(通称バトロワ))
4.1VS1バトル
要するにタイマン。大体のバトル名称は「平面交差バトル」と言われている。
複線ポイント(現在廃盤)と交差ポイントレールを使用したコースを使い、どちらかが倒れるまで戦うバトル。バトロワより歴史は長いが、最近はバトロワのほうが人気は高い。
なお、複線ターンアウトレールや複線ポイントを二つ使って逆走化にしたりするコースなど、これもバリエーションは多い。また、1VS1と書いたが、チーム戦もできる。ストップレールを使用したリレー方式とか。

・・・等々、色々あるが、実際に動画を1度見る方がいいだろう。

そして、今までは単純に3両編成とかでのんびり走らせていたユーザーたちはこのプラレールの斬新な遊び方に驚き、そして自分もやってみたくなったのか、多くのバトレールの派生作品が誕生している。
(少し前だが、ht228125s氏の「レールアタック!!」等が有名)

いわゆる強い車両(でもバトレールでは強い車両という意味でつけたわけじゃないけど)に
つけられる横綱という称号はもちろんここから。変動はせず、500系と700系レールスター(初期型)である。
なお、昔はバトレ動画が多かったが最近はポケモンにはまったせいか
投稿頻度は遅く、半年以上かかったりすることがある。
現在の投稿頻度は半年以上である。・・・それでも視聴者は消えない。
5年たった今でも消えない。

魔改造車、改造車


バトレールではバトルの他にも改造車が出る事がある。
・・・がしかし、説明しても理解できない人が多くいると思うので、リンクを貼っておく。
魔改造車紹介動画(youtube版)
車両を魔改造するほかに、プラレールのモーターを
市販のTAMIYAミニ四駆専用モータに変えて、転倒するくらいの高速化改造を、車両に施したりする。特に使われるのがパワーダッシュモーターないしハイパーダッシュ2モーターである。
おすすめはレブチューンモーターで、早すぎず遅すぎずなところがよい。
転倒するのが見たいならスプリントダッシュやウルトラダッシュで決まり。
プラズマは電池の消耗がすさまじいため。

ミニ四駆との対決

バトレールでは、車両とミニ四駆を対決させる時がある。
後述するが、最近の派生作品ではミニ四駆との対決はあまり見られない。
ミニ四駆との対決その1
ミニ四駆との対決その2

オープンコース


先ほどまでは、レールの上を走らせる競技を紹介してきたが、
レールの上を走らない競技も存在する。
レールを壁にして、車両同士で競い合う競技、オープンコースである。
これも、動画を見る方が理解しやすいだろう。
オープンコース(youtube版)

おすすめの派生作品


バトレール誕生の最後の方に派生作品について触れたが、
かなりあるので、筆者がおススメする動画を紹介する。

プラレールスタジアム

moonfire245氏製作。プラレールと検索して最初に来るバトル動画はこの作者。
全車JR車両というのが特徴。初期は全車新幹線であった。横綱は200系。
なお、派生作品の歴史としては3番目に作られた作品である。
最近は多忙なのか更新をしていない。

レールアタック!!

ht228125s氏がyoutubeとニコニコ動画に投稿していた動画。製作は5番目。
(現在ニコニコ動画版とyoutube版の一部は削除されている)
現在は更新を停止しているが、今見ても十分に楽しめる動画である。
主役的車両は485系あさま。いわゆる横綱はE3系こまち、大関883系ソニック。
これまでのバトレール派生作品の参考の役割を担ってきた。(参考にされることが多かった)

プラフィニ

神威わなご氏が投稿している動画。正式名称は「プラレールアンフィニ」
製作は7番目だが、字幕などのセンスがあったので、頭角を現していった。
大将が京成スカイライナー、番長300系、総長313系、館長E217系湘南色。
最近投稿された動画もあるのでおススメ。
レールアタック!同様、派生作品の参考の役割を担ってきている。

PW!

正式名称は、「プラレールウォーズ!」
名前の由来はとりあえずバトルらしい名前を付けただけであり、スターウォーズとは関係性は皆無。
Camry Toyota氏がyoutubeに投稿している動画。
製作としては6番目。主役は現在207系ということにしている。画質の若干の悪さに定評がある。
最近は、学校の多忙や引っ越しのため、投稿が遅れている。がしかし、新車は導入している。
上記2名同様、参考の役割を担ってきている。
ちなみに、旧製品車両と現製品車両を同時に出したおよび横綱という称号ではなく
主役という称号を付与した作者としては初である。

PB!

正式名称はプラレールバスターズ!
Nankai9513F氏がyoutubeに投稿していた動画。
名前の由来はKey製作の恋愛アドベンチャーゲーム「リトルバスターズ!」より。
派生作品としては2番目(1番目に関しては後述)
現在は削除されたが、京王8000系や223系といった名場面を作ってくれる車両が多く、また
私鉄車両の登場に定評があった。いわゆる渋滞自滅で勝つ車両が出たのもこの動画である
(そのときは東京メトロ01系が勝利)
現在は投稿を終了したが、レールアタック!同様、今見ても十分楽しめる動画である。
筆者のこの動画に対する個人的な思いは倍速の処理をしてくれていないので、
時間がない方には、あまりお勧めできない。
だが、あくまでも筆者の思いなので、注意してほしい。

プラレールバルカン

ゆうりんchannel氏製作。製作としては4番目だが、有名になったのは最近から。
100系や200系といった車両の問題児っぷりを見ることができる。
最近は別の動画の投稿に忙しいのか新作はあまり出てこない。

伝説の1番目の派生作品投稿者

sope1992氏製作「plarail battler」である。動画は全く削除されて見ることはできないが
BGMにtaitaistudioやRave-Slave等のBGMを使い始めたのはこの人。
筆者の記憶によれば主役はE231系0番台。ほかにもEF81北斗星や総武線シリーズは全車出てた。
動画を削除した理由は一説によると本家バトレール作者であるyutaka氏の動画の真似を一時期は認めず、トラブルになったが、パクリを認めたため反省して削除した説がある。
現在は動画投稿はおろかネット上にいるかどうかも不明な謎な投稿者であった
現在、「この動画は○○氏の■■を参考にして製作しております」のルールを制定した人は本家0601yukata氏であるが、こういう人が出たということに対するルールであった。

そして、この6者を上回る投稿者が出てくる・・・


プラパン

正式名称は、「プラレールエクスパンデット」
yufuin72氏がyoutubeに投稿している動画。
バトレール、レールアタック!!、プラフィニ、PW!を参考にしている動画。
5日連続でアップロードした時期もあったほど、投稿頻度が早い動画である。
今は、週1、2程度の更新頻度だが、それでもバトレール作品の中では早い投稿頻度である。
(普通なら2~3か月かかる場合や、半年以上かかる場合が多い。)
投稿を始めて約1年半しかたっていないが、約300本の動画を投稿している(2014年12月末現在)
(もちろんすべてプラパン関係の動画本数。)
車両数は導入予定も含めると、158両もある!!!(2014年12月末現在)
なお、現在の動画は第120回を超えている!
もちろん今も絶賛投稿中。最近に投稿を開始したバトレール派生作品には、
参考動画の欄に「プラパンを参考にしています。」と書かれていないものは
ほとんどないと言っても過言ではない。
ちなみにほとんど知られていないが、エクスパンデッド(expanded)とは『広がる』という意味であり、バトレールをもっといろんな人に知ってもらいたいという意味が込められている。
・・・が、もはやどうでもよくなっている
ついでに言えば、バトルでよくある車両が団子状態となり詰まってしまう光景を
「渋滞」となぞらえたのもこの人である。
そして、同系統の車両も多く出ているが、すべて色や細部が異なるので注意(787系883系など)。

PBLS

正式名称はプラレールバトラーズ
青服ことbluesuit0113氏がyoutubeに投稿している動画。
投稿を開始したころは、画質が非常に悪かったが、今では非常に良くなっている。
ミニ四駆と車両を対決させている、そういう面で珍しい派生作品。
BGMがすべて煉獄庭園のものである。
横綱車両は300系と201系。300系は横綱防衛をしたので大御所という位がついている。
参考動画は、上記のプラレールバスターズ!等を参考にしている。

プラアタック

pii wata氏製作。車両数はプラパンと肩を並べるレベルの多さ。車両のジャンルも豊富。
編集も撮影も丁寧なのでぜひ鑑賞いただきたい。

プラレールアドベンチャー

SPK3816氏製作。筆者イチオシの作者。
Aviutlというバトレール業界では珍しい(?)ソフトを使用している。
ネタ動画出身(と本人自らコメントしている)ゆえかネタがやたらでており、
10分弱の動画が多いが、ほとんど息切れを感じさせない面白さである。
車両も新車をあまり投入せず、いわゆる「いつメン」なので安定感もなかなか。
本当に面白いので 見てほしい。

その他の派生作品


バトレールの派生作品は、上記の動画以外にもたくさんある。
ここでは、上に示した動画以外の動画を載せる。

プラレールアタッカー

Newnagashi313氏製作。もともとはプラレールクラシックという名前だった。
車両のジャンルがさまざまなため、K1みたいな感じである。
現在の主役は東京メトロ16000系(12月24日現在)

RK!

正式名称はレールキング!
nisuta7氏がyoutubeに投稿している動画。
元は旧アカウントで動画を投稿していたが、アカウントを閉鎖し、
現アカウントで活動している。

プラレールX!

senzanE721氏がyoutubeに投稿している動画。
「X」は、プラレール達が交じって戦うことで「クロス」するという意味。
基本はバトロワだが、デスマッチなどの競技も行っている。
また、チョロQとの正面衝突バトルをした動画では、
唯一バトレール系動画以外の動画を参考にしている。

プラリーグ

正式名称はプラレールバトルリーグ
Asakaze Tom氏がyoutubeに投稿している動画。
台車のみのバトロワを最初にやった方である。
全車両の中に、希少な車両が比較的多くある。
ペーパークラフト車を制作している。
BGMはジャズ系のものを多く使用している。

PTG!

正式名称はPLARAILTHEGENERATION!
Toukyu5050kei氏がyoutubeに投稿している動画。
バトレール系動画で唯一「TAMIYA」以外の超高速モーター車両をバトルに出場させている。
投稿頻度は基本4日に1回でPTGの動画は100個を超えている。

プラレールコンビート

km2693133氏がyoutubeに投稿している動画。
現時点で42個の動画が出ている。
基本はバトロワコースである。
また、対戦車バトルの申し込みが多いのも特徴的。
E217系が史上初の5連勝を成し遂げた。

対戦車バトル

対戦車バトルとは、視聴者と投稿者が好きな車両を選んでバトルするものである。
基本、視聴者と投稿者が選ぶ車両の数は3両の場合が多い。
戦うコースも基本的には、バトロワのコースを使う。
ほとんどの動画投稿者がやっている。(やっていた。)

はみ出し情報

バトロワのコースを使わない場合→正面衝突対決等。
最近ではジャングルラン等で、バトルをするユーザーもいる。

推薦車バトル yufuin72氏によって始められた。

多数の視聴者と投稿者が車両をそれぞれ1両ずつ選び、対戦するものである。
こちらも、基本はバトロワコースを使う。

ボディ無しバトロワ

やるなら目印を各車両に付けること。
そうでないと間違えやすい。

スピードレース 最速決定戦

最速車両を競うレース。ミニ四駆モーターの得意分野とする競技。
本家バトレールがもちろん元祖である。自滅が多くなってしまうのも特徴。
特に傾斜のあるカーブの連続するコースや坂の次のカーブは遠心力でひっくり返る車両が多発。
バトレールでもレールアタックでもPTGでもあった。

スピードレース 最遅決定戦

最遅車両を競うレース

各車両についての特徴


新幹線

本家バトレール含め、出てない製作者はないであろう。
入手も容易。中古新品タマ数が多いためなのと、やはり人気車両であるが故か。
最近の車両は単三電池車両がほとんどなせいか、バトルで勝利等は少ないが
100系や200系、300系といった単二の引退車両はどの製作者の動画でも勝利したり名場面を出してくれる。
攻撃力は高いが、防御力があまりなく、また、渋滞に弱い上大体(0系と200系0番台等を除く)2スピード車なので渋滞の餌食になりやすい。特に500系は少し遅いだけでも複線→単線ポイントレールで自滅する。

通勤電車

これも出さない製作者はいたが、大体は出場している。
全車単二電池車両なので防御力は強い。だが、交差ポイントレールで弾き飛ばせない等攻撃力は若干ながら悪いようである。勝率が高い車両はこいつらが多い。最近は京急1000形や京阪8000系といった2スピード車両、225系や東急5000形といった遅いモーター搭載等バリエーションも豊富になっており、にぎやかなものとなっている。

特急車両

初登場は「レールアタック!」の485系と思われる。その後「PW!」の赤鬼253系、青鬼名鉄2000系、「プラフィニ」の帝王スペーシア、悪子アーバンライナーnext、「プラパン」レジェンドJR四国2000系、旭山動物園号、国つばめ等名場面を作っていった車両たちが集っていった。
新幹線の攻撃力と通勤電車の防御といういいとこどり。以前の新幹線と通勤電車の二強なバトル界に大きな旋風を送り込む集団である。モーターはノーマル(ビスタカー、485系、パノラマスーパー、スーパービュー踊り子など)もあるが大体は2スピード。

機関車

初登場は本家バトレールのEF81なので、かなり古参集団。種類が少ないせいかあまりバトルに出てくる車両は少ない。でもEF66やDD51などが頑張っている。
蒸気機関車は初登場はバトレールの「D51ロッドアタッカー」。その後C62やC12などが登場しバトルをさらににぎやかにさせる。特に「プラパン」のSL人吉号は渋滞を作りまくって自滅に追い込み勝利したり横転から復活したり本当にすごい車両である。大体遅い車両たちなのでモーター交換等は必須と思われ。

よく使用されるレール

自動ポイント

バトロワに必須なもの。車両底部がポイントの黄色いところにひっかかりポイントが動く仕組み。
渋滞解消の切り札・・・と思われるが自滅や詰まって引っかかる等ある意味バトルが行われる区間になることがあることも特徴。

自動ターンアウトレール

これも必須。どちらかなきゃ成り立たない。初登場はPB!作者のバトル(現在削除)
自滅はめったにないところが特徴。

複線ポイント(レバーなし)

平面交差等での必須商品。だが廃盤商品なため中古屋やオークションで探す等しなきゃ見つからないものである。車両をはじいたり脱線させたり滑らせるように落としたり等いろいろ戦いが行われるのが特徴。

交差ポイント

十字型のアレ。レバーのある部分を裏返して使用する。おもに突き飛ばしが多く、新幹線等の車両が突っ込んで来たらひとたまりもないレールである。逆に通勤型は弾き飛ばせないことが多い。
また、結構車両の詰まりが起きやすいレールである。

ターンアウトレール

割り込みでの場外が多いレール。100系のように先端がとがった車両やパワーのある車両は無理やり弾き飛ばす行為が見受けできる。また、互いに相打ちになってしまうことがあるポイントでもある

複線ターンアウトレール

登場は最近だが、最近のバトルでは必須のレールである。組み込みによっては単線から複線にすることもでき、その直後に複線ポイントを組み込んでってこともできる。
平面交差でも使用可能であり、まさに万能といえよう。また、場外には落ちてないものの、脱落といったいわゆる安全圏が作れるレールでもあり、転倒した車両がフックをひっかけて妨害するといったこともできる。

単線・複線ポイントレール

これも激しい衝突が起きる区間。相打ちが一番多いレールでもある。ターンアウトレールと攻撃のしかたは同じだ。

ニューてんてつき

自滅およびポイント切り替え部分に引っかかり詰まらせてしまう車両が多発するため最近は使われないが、3車両が同時にぶつかり合うダイナミックなシーンが見れるのもこのレールだ。

3分岐ポイントレール

最近出たニューフェイス。筆者は持ってないが、どうやらターンアウトレールよりも安全圏的部分が存在するせいか攻撃を食らっても復活する割合が多い。

また、やる人は少ないがレールを切り取ったりして改造レールを作る人もいる。

まとめ

まあ、大ざっぱに書くと上記のようになる。
実際は、動画を見る方が分かるかもしれないので、リンクを貼っておく。
0601yukata氏のチャンネル(youtube版)
レールアタック!再生リスト
プラフィニ 再生リスト
プラフィニ2014 再生リスト
Camry Toyota氏のチャンネル
yufuin72氏のチャンネル
プラレールバスターズ!再生リスト
bluesuit0113氏のチャンネル

nisuta7氏のチャンネル
プラレールX! の再生リスト
Asakaze Tom氏のチャンネル
Toukyu5050kei氏のチャンネル
km2693133氏のチャンネル
修正点等があったら、修正したり、ご指摘を受け取りたい。
※この辞典の情報は、2014年12月末現在の情報です。

pixivに投稿された作品 pixivで「バトレール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2595

コメント