ピクシブ百科事典

バーンナウト

ばーんあうと

Welcome to Pixiv encyclopedia.この記事でナビゲーターをさせてもらうRYUです。早速Burnoutについて説明していくぜ。…とは言っても同じBurnoutでも4つのBURNOUTがあるんだ。まずはその種類を説明して行くぜ。
目次[非表示]
  1. バーンアウト症候群 - 燃え尽き症候群のこと。心因性(反応性)鬱病の一種で、仕事などに没頭してきた人が意欲を失う現象。単に「バーンアウト」ともいう。
  2. バーンアウト (ゲーム) - Criterion Games開発のレーシングゲームシリーズ。公道を走るゲーム。本項で解説するぜ。
  3. バーンアウト (レース) - 自動車のタイヤを空転させて摩擦で煙を生じさせること。タイヤを温めて路面へのグリップを高める。
  4. バーンアウト - 広義の筋肉痛の一つで、激しい運動により筋肉に乳酸が溜まり、ヒスタミン等の発痛物質が発生し、筋肉が焼け付くように感じる状態。筋肉トレーニングでは意図的にこの状態を作ることがある。単に「バーン」ともいう。


ここで一つ、綴りは「バーンナウト」だけど、ほとんどの場合は「バーンアウト」と読むんだ。 覚えといてくれよ。 じゃあ本題に入るか。 

まずは概要からだ。

概要

美しいグラフィックと、レースゲームでありながら意図的に事故を起こさせ、他車を破壊しながらゴールを目指すという異色のシリーズ。

シリーズの『ドミネーター』と『パラダイス』では、日本のロックユニット「B'z」とのコラボレーション企画として、楽曲の提供(「FRICTION」)やパラダイスではのB'zペイント車の収録が行われている。
で、下の動画がB'zのFRICTIONだ。

FRICTION



次にシリーズ紹介だ。

シリーズ

グランドヒート

第1作Burnoutは『グランドヒート(GRAND HEAT)』という名称でセガから発売される予定だったが、諸事情により中止、発売されなかった。海外では2001年11月2日にプレイステーション2、2002年9月19日にXboxニンテンドーゲームキューブで発売された。

なお、サクセスから発売された『サクセススーパーライト1500シリーズ BURN OUT』(プレイステーション、2000年8月24日)は本シリーズと は無関係である。

BURNOUT2 POINT OF IMPACT

サミーから発売された。主なモードは「レース」、ライバルが逃げ切る前にライバル車の破壊を目指す「チェイス」、一般車両の列や交差点に突っ込み被害額を競う「クラッシュ」。危険な走行(ドリフト、対向車線の走行)でブーストを溜めるという要素は1作目から存在。この作品ではブーストの使用中に危険な走行をし、ブーストを途切れなく使用する「ブーストチェイン」も存在。

海外ではXbox、ゲームキューブでも発売されている。Xbox版がワールドコレクションとして発売される予定もあったが、中止になった。

バーンアウト3 テイクダウン


エレクトロニック・アーツより発売。ライバル車をクラッシュさせる「テイクダウン」が初めて可能になった。これに伴い、テイクダウン数を競う「ロードレイジ」モードが追加されが、2でのブーストチェインやその他一部の要素は削除されている。海外ではXboxでも発売されている。 ナビゲーターは俺、DJ RYUだ。

バーンアウト レジェンド

本シリーズでは初のPSP専用ソフト。『3 テイクダウン』をベースとした作品。過去作品から一部の車、コース、モードが復活している。海外ではニンテンドーDSでも発売されている。 

バーンアウト リベンジ

プレイステーション2とXbox 360で発売。ナンバリングとしては4作目に当たる。新要素として同方向に走行している小・中型の一般車を弾き飛ばせる「トラフィックチェック」が追加。これに伴い、トラフィックチェックでの被害額を競う「トラフィックアタック」モードが追加。海外ではXboxでも発売されている。 ナレーションは富沢美智恵クレヨンしんちゃん松坂先生役の人だ。

バーンアウト ドミネーター

『2』にあったブーストチェインが復活。危険走行で得点を競う「マニアック」モードが追加されたが、トラフィックチェックやクラッシュモードは削除された。PSP版のみ、メモリースティックにコースデータをダウンロードしてコースを追加できる。 ナレーションは富沢美智恵。

バーンアウト パラダイス

ナンバリングとしては5作目に当たる。決められた区間でゲームを行う過去作品とは大きく異なり、パラダイスシティと呼ばれる架空の都市を自由に走行できるオープンワールド制を採用している。追加された主なモードは、ライバル車になるべく破壊されずにゴールを目指す「マークドマン」、様々なスタントを行い得点を競う「スタントラン」、その他にも多くの要素が追加・変更された。「The Year of Paradise」と題し、1年以上かけて何度かのゲームモード・車・エリア追加などの大型アップデートが実施された。

2008年10月31日にはプレイステーション3にてダウンロード販売が開始されたが、現在販売は終了している。

本作に加え2009年2月までに配信されたダウンロードコンテンツも収録した『バーンアウトパラダイス The Ultimate Box』がプレイステーション3とXbox360、新たにWindowsにて2009年2月5日に発売された。

注意:説明書や作中に「USBカメラ」をライセンスカード等に使用できる旨の説明があるが、これはPS3では「PLAYSTATION Eye(EyeToy)」、Xbox360であれば「Xbox LIVE ビジョン」を指す。

ダウンロード版とThe Ultimate Box版、アップデートを適用した通常版はスポンサープロダクトコード機能に対応していない為、スポンサーカー入手を希望する場合はパッケージ版(通常版)を購入し、アップデートをする前にプロダクトコードを入力する必要がある。
ここで俺、RYUが久しぶりに復活したんだ。ナレーションは深見梨加

Burnout CRASH!

本シリーズでは初となるダウンロード販売専用タイトルで、
プレイステーション3版はPlayStation StoreXbox360
版はXbox Live Arcade9月21日に配信された。

クラッシュモードに特化した内容となり、画面も見下ろし形となっている。ニード・フォー・スピード ホット・パースートで初めて取り入れられたAutolog機能を採用し、フレンドとのスコアの比較や挑戦を行える。また、Xbox360版はKinectでの操作に対応している。

日本国内でも配信されているが、内容は英語版となっている。

なお、2008年2月に「バーンアウトの新作が発売される」というEAの幹部による発言があったが、その発言との関連性は不明。

コレがいわゆる「バーンアウト6」に当たるわけだ。

登場車種

バーンアウトシリーズに登場するマシンは全て架空の車種である。
また、パラダイスでは、メーカー名と車名が全て独自に設定されている。 感覚はリッジレーサーシリーズに似ている。
下のサイトが車種の一覧がのっているサイトだ。Wikipediaにリンクされてあるからそこに行って見てってくれよ。
バーンアウトパラダイス登場車種


余談

開発者の一人であるアレックス・ワードは、公式サイトでのインタビューの中でトレジャーのシューティングゲーム『斑鳩』の「敵の弾に当たるとパワーアップする」という要素が、意図的にクラッシュを発生させるレースゲームという本シリーズの発想の原点になったと語っている。

最後に・・・

記事を読んでくれてサンキューな。 この記事を気にBurnoutシリーズを手に取ってみてくれ。ちなみに、俺が出てるのは「バーンアウト3テイクダウン」と「バーンアウトパラダイス」だけだ。それ以外のシリーズには出てないから注意な。
おっと、そろそろ時間だ、また会おうな。 This is RYU Crash FM.

pixivに投稿された作品 pixivで「バーンナウト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4098

コメント