ピクシブ百科事典

ヒトミ先生の保健室

ひとみせんせいのほけんしつ

ヒトミ先生の保健室とは、鮭夫による単眼娘マンガ。
目次[非表示]

概要

人類の身体的特徴に大きな個人差のある世界の(親兄弟でも全く外見が違ったりする)中学校を舞台に、単眼の養護教諭が保健室にやってくる体に様々な悩みを抱えた生徒たちを解決に導いていく。

登場人物

登場人物の名前にはそれぞれが持つ身体的特徴が含まれている。

  • ヒトミ先生

単眼娘漫画「ヒトミ先生の保健室」1巻本日発売!


本作の主人公。大きな単眼とがチャームポイントの養護教諭。いつも優しい心で保健室にやってくる悩みを抱えた生徒たちと接している。目が一つしかない故に距離感を掴むのが苦手でよく転んでいる。弟と妹(三美:みつみ)が一人ずついる。酒に弱く、少しでも飲むと悪酔いしてしまう。
本名は「真中一美(まなか ひとみ)」。

  • 樹くん(いつき)
性別不明の養護助手教諭。ヒトミ先生のツッコミ役で、何故かナース服をいつも着ている。
光合成ができる。

生徒

  • 設楽伸子(したら のぶこ)

2年生。長い舌を持っているのが悩みで、その長さは約320cmもある。元は明るくて割と饒舌だった。舌が伸び始めるようになってからは周囲の目が気になっていたが、ヒトミ先生のアドバイスのおかげで自信が持てるようになった。

  • 富士見ヨミ(ふじみ よみ)

よみちゃん


2年生。超生命力と超治癒力を併せ持つ不死身体質の少女。彼女の場合は、事故で切断した部位の癒着が不完全なので、よく体がバラバラになってしまい、そのたびに保健室の世話になっている。痛覚は麻痺しているが痒みなどの感覚は感じる。

  • 大木京子(おおき きょうこ)
2年生。身長が伸び続けた結果、295cmまで伸びてしまい、最近では毎日1cmずつ伸びている。自分のサイズに合う服が無く半ば諦めている。

  • 小山内千沙(おさない ちさ)
京子とは幼馴染で同じクラス。身長が縮み続け、身長は104.5cmで(参考:5歳女児の平均身長約106cm)現在も縮み続けている。彼女も京子同様自分のサイズに合う服が無く、半ば諦めている。

  • 留居静流(とめい しずる)
2年生。体の透明度が変化する体質で、本来透明系の体質を持つ者は透明度がコントロールできるが、彼女の場合、体の周囲が透明になっているため、相手に見えない状態になっている

  • 高花君(たかはな)
2年生。伸子のクラスメイトで、鼻が普通の人より長い。無類の眼球フェチで、動画サイトで見た眼球を舐める動画を見て、自分も試したいと思い、ヨミが階段から転げ落ちてバラバラになった際に、彼女が拾い忘れた右目の眼球をこっそり拾って舐めていた。

  • 鳶田陽菜(とびた ひな)
2年生。背中に大きな翼を持っているが、それに対し体は小柄である。滑空のみならず、自力で飛ぶことも出来るが、体への負担が大きい。大人たちを信じられず反発し、学校も窮屈に感じているが、門司先生がいることで退屈には感じていない。

教員

  • 多々良拳四郎(たたら けんしろう)
多々良先生


2年A組の担任教師で理科担当。2対の腕を持つ。ヒトミ先生とは家が隣同士の幼馴染で、普段はいじわるだが困っている時はいつも助けてくれるツンデレ貧乳派。ヒトミ先生から「ケンちゃん」と呼ばれているが、本人は嫌がっている。

  • 門司勇輝(もじ ゆうき)
2年B組の担任教師で体育担当。身長190cmの大柄で、体中が太い毛で覆われている。立毛筋が発達しており、興奮時、あるいは任意に毛を逆立たせることができ、この場合、保温性とクッション性が増す。普段は温厚だが、激高すると野獣が姿を見せる。

関連タグ

関連記事

親記事

COMICリュウ こみっくりゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒトミ先生の保健室」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532341

コメント