ピクシブ百科事典

概要

ダイの大冒険ヒュンケルエイミのカップリング。

最初は祖国パプニカを滅ぼした不死騎団・軍団長ヒュンケルを恐ろしく思っていたエイミだったがそばで接する内に、彼の純粋で繊細な人柄を知り惹かれていった。

ヒュンケルに対するエイミの想いを唐突と感じる読者が多いようだが、単行本をきちんと読んでいれば13巻で既に自分に厳しく、仲間を案じ修行へ発つヒュンケルに心惹かれ始めているエイミが読み取れる。

その後、鬼岩城戦でダメージを負ったヒュンケルの看病をし、部屋に花を買って訪れたときには姉のマリンやアポロに気持ちを悟られており、後にポップにも勘付かれている。21巻では満身創痍のヒュンケルから鎧の魔槍を取り上げて、城の近くの森に捨て、「わたし、わたしはあなたが好きです!(中略)喜んで死にに逝くような真似はやめて…………」と彼へ想いのたけを涙ながらに告げる。
エイミから想いをぶつけられたヒュンケルは「喜んで死にに逝っているわけではない、怖いのさ!(中略)生死をかけた戦いの中で味わう苦しみや傷の痛みだけがオレの罪悪感をうめてくれる…………」と、自分の胸のうちを他人に初めて話し、礼を言うが、自分のことは忘れた方がいいと告げ再び戦いへと去ってしまう(2020年版アニメにてこのシーンは画面の上下に映画風の黒帯が付くという演出が付けられた)。

その後ヒュンケルはクロコダインとともにバーンに捕らえられるが、牢の中で上述の「喜んで死にに行くような真似はやめて…………」というエイミの台詞を思い出し、ロロイの谷で再会した際、「その言葉でもう一度はいつくばってでも生きるチャンスにしがみついてみようという気になった…」とエイミに礼を告げた。

異性から本気の想いをぶつけられたのが彼の人生に於いて初めてのことだったのか、エイミからの告白時に語られた言葉は彼のこころに相当深く響いていたようである。

最終決戦後、ラーハルトと旅立ったヒュンケルをエイミは追いかけており、「戦いの中で生きるのが彼の望みなら……地獄でのたうつのが彼の宿命なら……わたしもそれに従います!一緒に地獄へ堕ちますっ!!」と、衆目の前で宣言した彼女はどこまでもヒュンケルに着いて行くのだろう。

関連タグ

ダイの大冒険 三角関係 純愛 健気

関連記事

親記事

ダイの大冒険 だいのだいぼうけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒュンエイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒュンエイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84602

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました