2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヒラリー・ダイアン・ロダム・クリントン(英語:Hillary Diane Rodham Clinton、1947年10月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。第67代アメリカ合衆国国務長官。弁護士の出身で、学生時代から選挙活動の手伝いなどで政治の世界に関わってきていた。

経歴

初期

1947年10月26日にイリノイ州シカゴにて、3人姉弟の長女(第1子)として誕生する。1969年5月にウェルズリー大学を卒業し、1973年5月にイェール大学法科大学院で法学博士号を取得して卒業した。1974年8月にアーカンソー州ファイエットビルに移り、同地にあるアーカンソー大学ロースクールの2人しかいない女性教員の1人になった。

1976年11月に夫のビルがアーカンソー州司法長官に選出され、夫婦は州都のリトルロックに引っ越した。1977年2月に同州の政治的・経済的影響力の砦である由緒あるローズ法律事務所に入り、ヒラリーはプロボノで働きながら特許侵害と知的財産法を専門としていた。同年5月に子供と家族の為のアーカンソー州擁護団体を共同設立し、ナショナル・ロー・ジャーナルからアメリカで最も影響力のある100人の弁護士の1人に2回挙げられた。

1992年アメリカ合衆国大統領選挙での民主党の大統領候補に夫が正式指名された時、初めて全国的な注目を集めた。ニューハンプシャー州での予備選挙の前にタブロイド紙は、ビル・クリントンがジェニファー・フラワーズと婚外関係にあったという主張を掲載した。それに応えてクリントン夫妻は60ミニッツという番組に一緒に出演し、ビルはその事件を否定したが、「私の結婚に苦痛を与えた」事は認めた。

ファーストレディ

1993年1月に夫が大統領に就任し、それによってファーストレディとなった。同時に夫である大統領の人事によって社会保険制度改革の委員会を取り仕切る委員長に就任したが、ファーストレディが国政に参加するのは前例が無いので批判が発生した。そんな異例な委員長の職では国民皆保険制度の導入(通称:クリントン医療保険計画)を提案したが、自由診療が基本であるアメリカでは支持が得られず、方々からの反対で頓挫した。

連邦上院議員

2000年11月に前任者の引退を受けてニューヨーク州選出の連邦上院議員選挙が実施され、夫の人気を見込まれて担ぎ出される形で出馬して見事に当選を果たした。2001年1月に連邦上院議員に就任し、2009年1月まで同職にあった。

2008年アメリカ合衆国大統領選挙

2008年アメリカ合衆国大統領選挙に同国初の女性大統領を目指して出馬し、バラク・オバマ上院議員らと民主党の大統領候補の座を巡って争った。予備選挙では序盤こそ夫・自身の持つ知名度・人気によって優勢だったが、次第にオバマに追い上げられ、終盤では追い上げるオバマ上院議員に対して予備選挙の期間中に暗殺されたロバート・ケネディ元司法長官を引き合いに出し、暗殺される事を期待するような発言で支持を失って敗北した。予備選挙に敗北した後はオバマの支持を表明し、ヒラリーの大統領選挙は終わりを告げた。

国務長官

2009年1月に国務長官に就任し、最初の数日間は数十人の世界の指導者に電話をかけ、アメリカの外交政策が方向転換するだろうと示唆した。安定的に職務をこなして人気を得ていたが、2011年3月に1期目での退任を表明し、2013年2月に退任した。退任を表明した際に2012年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬してオバマ大統領と再び争うのでは無いかと噂されたが、結局出馬しなかった。しかし2013年2月に退任した時に、2016年アメリカ合衆国大統領選挙への出馬について聞かれた際は含みを持たせた返答をしており、大統領の座を諦めた訳では無いようである。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙

2016年アメリカ合衆国大統領選挙民主党から出馬し、バーニー・サンダース上院議員らを破って大統領候補に正式指名された。当初の世論は暴言王として悪評高く過激発言を連発するトランプが相手ならば楽勝であろうという見方が占めていたが、本選挙に突入してからのヒラリーは健康面での不安が露呈し(パーキンソン病と見られる)、更に私用メール問題で連邦捜査局が動いた事でイメージが大幅に下がった。ヒラリーはティム・ケイン上院議員を副大統領候補に内定させ、共和党のドナルド・トランプとインディアナ州のマイク・ペンス州知事のペアに306人の選挙人を獲得されて敗北した。

政治思想

政治思想は基本的に左寄りなリベラルであったが、上院議員・国務長官などの国政に深く関わるようになると、多数派である保守系層の取り込みを意識してか、銃規制の反対・イラク戦争の賛同など右寄りな言動が増えるようになった。しかしこのようなどっちつかずの姿勢から、新たな層の開拓と共にそれまでの支持者の一部を失う事態になっている。

家族

1975年10月にビル・クリントンと結婚し、1980年2月に長女のチェルシーが誕生した。2人はイェール大学で出会い、結婚式は家の居間でメソジスト式の式典で執行された。

関連項目

政治家 アメリカ合衆国 民主党 ビル・クリントン ファーストレディー ドナルド・トランプ

関連リンク

関連記事

親記事

民主党(アメリカ) みんしゅとう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56831

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました